【21cafe】自動車とWebが創る未来を見逃すな!HTML5j 自動車部発足/2013年11月18日(月)

21cafe_20130118_1

こんにちは。21cafe運営事務局の小田です。
今回は11月18日(月)に21cafeでイベントが行われたHTML5j自動車部さんの発足イベントをレポートします!

21cafe_20130118_2

私たちの生活に欠かすことのできない「自動車」は日本を代表する産業のひとつ。そんな自動車業界で大きな注目を集めているトレンドがWeb技術との融合。
最近ではGoogle社がアメリカで自動走行車(Self-Driving Car)の研究を行うなど「Internet for Everything(すべてをインターネットへ)」のコンセプトに基づき、インターネット技術を介した自動車業界のオープン化が進んでいます。

21cafe_20130118_3

そんな中、自動車産業とWeb技術の最新動向をキャッチするべく設立されたのがHTML5j自動車部「オープンウェブの精神で!」をモットーにコミュニティという中立性を活かした立場で自動車業界とWeb業界の架け橋になりたいという想いから設立に至りました。

21cafe_20130118_4

今後は世界で使われている技術の標準化をすすめる国際的な非営利団体「W3C」の自動車技術情報を専門家にヒアリングしたり、最先端の車載機器に触れてみたりと実践的な形で勉強会を実施していくそうです。

21cafe_20130118_5

今回のイベントは21cafeでは初のyoutube生中継!配信スタッフの方が開始前から着々と準備。通常イベントでの生中継では回線の安定性から有線LANを使用するのですが、登録も不要で無料で使える21cafeの無線LANはyoutubeの生中継でも安定して配信することができました。

21cafe_20130118_6

こちらが自動車部・部長の仲さん。仲さんは業務システムエンジニアが集まるHTML5jえんぷら部や、 Web技術者向けの情報メディア「HTML5 Experts.jp」の副編集長を務めるなど、HTML5のコミュニティに貢献されています。

21cafe_20130118_7

最初は株式会社KDDI総研・取締役の平林さまからW3Cの国際的会合での最新情報についてご講演。平林さまによると、安全性を大前提とした最先端の自動車技術においてはオープンで、バージョンアップが緩やかで、後方互換性に優れたプラットフォームが求められていて、それに最も適していたのがHTML5だったそう。

21cafe_20130118_8

次に組み込みソフトウェア開発会社・QNXソフトウエアシステムズ株式会社の中鉢さまがご登壇。中鉢さまからは、自動車に求められるWeb技術として音声認識、ハンズフリー、アイコンフリーといった技術のお話がありました。

21cafe_20130118_9

ソーシャル連携、モバイル連携の強化、アプリストア、クラウドへの接続などユーザーがより快適なドライブを楽しむためのWeb技術要素は多くありますが、自動車の最重要課題はなんといっても安全性。それをクリアするための問題は、まだまだ氷山の一角なのかもしれません…。

21cafe_20130118_10

また最後には、QNXの中鉢さまが実際に開発を進めている最新ナビの実機を公開!スライドに映した状態でナビの動作や音楽の起動などを見ることができました。

21cafe_20130118_11

イベント終了後にはこの実機に参加者の方が殺到!!エンジニア同士の疑問が飛び交います。
これからさらに進化を遂げていく自動車とWeb技術の動向に目が離せません。

主催の仲さま、スタッフの方々、ご講演いただいたKDDI総研・取締役の平林さま、QNXの中鉢さま。ご利用誠にありがとうございました!またのお越しをお待ちしております。

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。