イケメンエンジニアを探す旅 第9回|カリスマアーキテクトに迫る!Sansanさんを訪問

2014.01.15_1

おだんみつ:「手すりがひんやりして・・・、気持ちいいー・・・。」

市ヶ谷駅の地下道に現れたおだんみつ。イケメンエンジニアの目撃情報をもとに、目的地を目指して歩く。

地上へあがると、あっという間に目的のビルに到着。エレベーターの扉が開くと、なんとエントランスに『暖簾』が!

おだんみつ:「この暖簾の向こうに・・・。」

2014.01.15_2

おだんみつ:「うーん・・・ 、入っちゃえ・・・ 。」

2014.01.15_3

おだんみつ:「イケメンエンジニアさん・・・、どこですかー・・・ 。」

藤倉:「あのー、どちら様ですか?」

2014.01.15_4

おだんみつ:「こ、こんにちはー…、21cafeのおだんみつと申します。開発部長さんにお会いしたいのですが・・・。あ♡(見つけた)」

藤倉:「そうですねー、次の打ち合わせまでならいいですよ。」

おだんみつ:「ありがとうございます♡」

Sansan株式会社

法人向けクラウド名刺管理サービス『Sansan』、個人向け名刺管理サービス『Eight』の企画・開発・販売を行う。『Sansan』は1,500社を超える企業が導入し、写真を撮るだけで名刺をデータ化できる『Eight』は、50万人以上が利用している人気の無料アプリ。


藤倉 成太(Shigemoto Fujikura)

大学卒業後、オージス総研に入社。2003年からOGIS Internationalの駐在員として念願のシリコンバレー入りを果たす。2009年にSansanへ入社し、法人向けサービスのプロジェクトを担当。現在は、開発部長/アーキテクトとして活躍中。

2014.01.15_6

おだんみつ:「私、名刺管理は『Eight』を使ってるんです♡ぜひ、藤倉さんのお仕事内容について教えてください♡」

藤倉:「僕は開発責任者として、法人向け名刺管理サービス『Sansan』の方を担当しています。法人向けのサービスなので、”サービス料金以上の価値を提供し、ユーザー企業の収益を向上させること”を目的にチームをまとめ、開発を進めてます。」

おだんみつ:「チームのまとめ役なんですね♡以前に、IT企業のメッカであるシリコンバレーで働いていたと聞きました♡なぜシリコンバレーに♡?」

藤倉:「学生時代は精密機械工学を専攻していたので、OB・OG訪問を始めると、自動車やエレベーター、カメラなどのメーカーが中心。Yシャツにネクタイ+作業着姿の方々ばかりを見て、僕の人生の中で、作業着を着る選択肢は無いなと思いました笑。その後、ソフトウェア分野も見るようになって。何やらシリコンバレーが凄いらしいと聞いたので、シリコンバレーに行ける会社を選んだんです。」

おだんみつ:「考え方もカッコいい~♡Sansanさんに入社した理由を教えてください♡」

2014.01.15_7

藤倉:「30歳目前の頃、自分の技術をもっと具体的な価値に結び付けていきたいと考えるようになりました。そこで出会ったのが、”名刺を核にしたビジネスだけで世界と勝負する”と言っていたSansan。流行に流されず、世界で勝負できるポテンシャルの高い企業であると直感的に感じましたね。経済価値に直結するようなコードが書きたいと思っていた自分にはドンピシャでした。」

おだんみつ:「相性ピッタリの企業さんだったんですね♡じーっ♡一度、メガネ外してみてもいいですか?」

藤倉:「あ、外すだけなら。僕、めちゃくちゃ目が悪いんですよ。」

おだんみつ:「きゃ♡こっちもステキ♡目が悪いのは、勉強のしすぎですか♡?」

2014.01.15_8

藤倉:「かもしれないですね笑。小中学生の頃は、算数・数学が好きで好きで仕方なかったんです。ひたすら問題を解きまくっていましたね。その流れで、高校は理系に進んで、コンピューターをいじったり、テレビを分解したり。プログラミングは、中学時代にBASICをやってたかな。」

おだんみつ:「私もいじられたーい♡好きなプログラミング言語はありますか♡?」

2014.01.15_9

藤倉:「C言語が好きですね。きちんと理解していないと思い通りに動かないあたりが、征服欲を掻き立てられるというか、キュンキュンきちゃいます笑。」

おだんみつ:「C言語に胸キュン♡モノづくりが本当にお好きなんですね♡」

2014.01.15_10

藤倉:「もちろん!Webサービス以外にも、スマホアプリやクライアントアプリ、通信プロトコルの開発など、プログラムを作るのは大好きです。」

2014.01.15_11

おだんみつ:「あー♡真剣な眼差しでモニターを見つめる姿♡はぁはぁしちゃう♡」

 
おだんみつ:「 ・・・。」

おだんみつ: 「 ・・・でもやっぱり、あの人とは違う・・・、みたい・・・。 」

またしても、このタイミングで携帯が鳴る。

『日本最大級のクラウドソーシングを運営する企業さんで、イケメンエンジニアを見つけたー!Rubyが得意みたいよ♪』

おだんみつ:「Ruby使いのイケメン、行かなくっちゃ・・・。 」

2014.01.15_13

“あの人”を求めて、次なる目的地へ。それにしても、イケメンエンジニアの情報源は一体どこから?!
 ー 次回につづく。

イケメンエンジニアを探す旅 第10回|イケメンWebエンジニアに密着!クラウドワークスさんを訪問
イケメンエンジニアを探す旅 第8回|序章・旅の始まり~ITエンジニアに萌えるお姉さん誕生~

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。