イケメンエンジニアを探す旅 第16回|バイク好きイケメンエンジニア、VASILYさんを訪問

2014.03.12_1

おだんみつ:「目の前に立ちはだかる大きな・・・、壁・・・。」

いつもの情報提供者から連絡があり、渋谷から恵比寿にやってきた。今日の目的地は、このバス停からすぐのところにあるようだ。

バスを降りて、歩くこと数分。

おだんみつ:「この辺りに・・・、あ♡(エキゾチックなイケメン発見!)」

吉田:「(会社の前に誰かいる。)こ、こんにちはー。」

2014.03.12_2

おだんみつ:「初めまして♡21cafe管理人のおだんみつと申します♡今日は、VASILYの吉田さんに会いにきました♡」

株式会社VASILY

ファッション×SNSという分野で知名度・利用者数ともにシェアを急激に拡大しているファッションコーディネートアプリ「iQON(アイコン)」を開発・運営。ZOZO TOWNなどのファッションECや国内外のブランドと連携し、ユーザーが好みの服を自由にコーディネートして楽しめるアプリとしてファッションやトレンドに敏感なユーザーから高い支持を受けている。

2014.03.12_3

吉田 正輝(Masaki Yoshida)

不動産ポータル事業、広告配信事業での開発を経験した後、2013年5月に株式会社VASILYに入社。バックエンドエンジニアとして、ファッションコーディネートアプリ「iQON」のインフラ管理からWebAPIなどのサーバーサイド開発を担当している。趣味は写真とバイク。VASILYのエンジニア・デザイナーによるテックブログにも寄稿。社内ではエスニックなモデル風の顔立ちが人気なだけでなく、どっしり構えているような寡黙で落ち着いた雰囲気が評判だとか。

おだんみつ:「私もバックエンドを体感♡」

2014.03.12_10

吉田:「(今日の仕事、大丈夫かなー。)」

おだんみつ:「本日は宜しくお願いします♡まずは、吉田さんがエンジニアになった“きっかけ”ってありますか?♡

2014.03.12_4

吉田:「きっかけは、学生時代に授業でHTMLを使ってWebサイトを作ったり、Javaで簡単なプログラムを組んだことです。大学を卒業してから不動産関係のポータルサイトの開発に携わり、Webアプリケーションエンジニアとして経験を積みました。」

おだんみつ:「学生時代の体験が、今の仕事に繋がっているんですね♡ なぜVASILYに入社を?♡」

吉田:「前職ではサーバーサイドのプログラマーとして仕事をしていて、転職するときも同じサーバーサイドを志望していました。iQONを支える技術の話と社員の皆さんの人柄を見て、”ここだ”と思い入社することを決めました。」

おだんみつ:「一緒に働く仲間の人柄って、すごく大事です♡ エンジニアとして魅力に感じた、VASILYの技術力について教えてください♡」

吉田:「表向きはファッション系アプリを作っている会社、という程度イメージだったのですが、裏側では非常にチャレンジングな取り組みをしています。ミドルウェアもMySQL、Redis、MongoDB、Solr等多岐に渡りますし、良いものは積極的に取り入れるなど各所にエンジニアとしてのこだわりを感じます。今は、Rubyによるプログラミングだけでなく、AWSを使ったインフラ全般も担当していて、iQONの急成長を支える一端を担えることに何よりやりがいを感じますね。」

おだんみつ:「急成長を支えるイケメンエンジニア♡ 皆さん、お仕事がとっても楽しそう♡」

2014.03.12_5

※決して、脅されている訳ではありません。和気あいあいとしたミーティング風景です。

吉田:「今は新しい取り組みとしてChefを利用した効率的な運用を考えたり、簡単に開発環境をセットアップできるVagrantを勉強したりするのが楽しいです。あと、新しい技術の情報はできる限り早く知るようにしています。その中でも気になったことは、VASILYのテックブログに書いてアウトプットしたり。以前、Resqueを使ったクローリングの最適化について書いたときには『役に立った』など読んだ人からの反応が多くあって、嬉しかったですよ。」

おだんみつ:「新しい技術に敏感♡私もドキドキしちゃいます♡」



おだんみつ:「それにしても、ファッションアプリを運営しているだけあって、社員の皆さんがオシャレ~♡そしてオフィスも♡」

2014.03.12_8

吉田:「VASILYでは、アーティストの活動支援として、アート作品を発表していただくプロジェクトを行っています。この巨大壁画やウォールもそのプロジェクトの作品なんです。」

おだんみつ:「ハイセンスな空間で、自分のスキルを磨くことが出来る職場環境♡こちらには、ゆったりとした座り心地のソファーがあります♡」

2014.03.12_7

吉田:「こ、困りますー!ここはお客さんも来るスペースなのでーっ汗。」

おだんみつ:「ついつい♡失礼しました♡ぜひ、今後の目標を教えてください♡」

吉田:「ユーザーが直接目にすることはありませんが、動いていて当たり前なのがインフラ。表側の画面やユーザーがどんな環境であっても、安定したサービスを提供するというところに大きな責任とやりがいを感じています。今後は、もちろん『iQON』を1人でも多くの方に使ってもらい、サービスを成長させていくことが目標ですが、サービスの良さと比例する技術力を『グロースハック』という、より戦略的な思考をもって、安定かつ効率的に高めていきたいですね。」

2014.03.12_9

おだんみつ:「戦略的な思想と技術♡う~ん♡はぁはぁしちゃう♡」

おだんみつ:「・・・。」

おだんみつ:「・・・でもやっぱり、あの人とは違う・・・、みたい・・・。」

新着メッセージを確認してみると、いつもの情報提供者からの依頼が届いてる。

『次々と面白いサービスを生み出す会社さんで、アイドル的存在の5人のエンジニアを見つけちゃったわ♪大至急、調べてきてー!!』

おだんみつ:「アイドル的な・・・、エンジニア・・・?!東横線に・・・、乗らなくっちゃ・・・。」

2014.03.12_11

渋谷駅の改札前で、次のターゲットについて想像をめぐらすおだんみつ。果たして、5人のエンジニアの中に“あの人”はいるのだろうか?
 ー 次回につづく。

イケメンエンジニアを探す旅 第17回|イケメンエンジニアを探す旅 第17回|イケメン過ぎる!5人組アイドル系エンジニア初公開!!カヤックさん
イケメンエンジニアを探す旅 第15回|クリエイティブを科学するイケメンCTO、MUGENUPさん


最新情報はFacebook/Twitterをフォロー!


関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。