[音楽部]イギリスの人気ロックバンド、MUSEのサウンドを語る音楽談義

こんにちは、音を楽しみたいエンジニアが集まるコミュニティ、geechsの音楽部です。

今回の活動は、ランチタイムを活用して、イギリスの人気ロックバンド『MUSE(ミューズ)』をテーマにした音楽談義。MUSEとの出会いやお気に入りの楽曲など、濃厚なトークを展開していきます!

20140702_1

このMUSE談義に参加するのは、音楽部ブ長のShibutani(左)、MUSE歴2年目のWebエンジニアのnotoさん(真ん中)、MUSE歴7年目のWatanabe(右)の3人です。

マジでカッコいいライブバンド

Shibutani:「MUSEはライブ・パフォーマンスの凄さで有名なバンドですよね。お2人がMUSEに出会ったきっかけを教えてください。」

Noto:「私がMUSEを知ったきっかけは、お笑い芸人の”鉄拳”です。鉄拳が作ったパラパラアニメ『振り子』が流行りだした時、そのBGMに使われたいた曲ということで、MUSEの存在を知りました。」

Watanabe:「僕がMUSEを知ったのは、2008年頃。ニコニコ動画で、『Knights Of Cydonia(ナイツ・オブ・サイドニア)』のライブ映像を初めて見て、衝撃を受けました。マジでカッコいいバンドだなと!その後すぐに、DVD付きのアルバム『HARP(ハープ)』を買いに行ったんです。このアルバムには、2日間で16万人を動員したと言われる、イギリスのウェンブリー・スタジアムで行われたライブ映像が収録されています。そこからすっかりハマってしまって、アルバムを買い集めるようになりました。」

Noto:「ライブで盛り上がる激しい曲もあれば、壮大なオーケストラ調の曲もありますよね。」

Watanabe:「そうですね。ここ数年は、壮大な雰囲気の楽曲が多い気がします。『The Resistance(ザ・レジスタンス)』くらいからでしょうか。『Black Holes and Revelations(ブラック・ホールズ・アンド・レヴァレイションズ)』など、それ以前に発売されたアルバムでは激しい曲が多いですよ。」

Noto:「確かに。私もMUSEを知ってから、他の曲を全部聴きましたが、曲の雰囲気がガラッと変わりましたよね。」

Shibutani:「一番好きなアルバムとか曲ってありますか?」

20140702_4

Noto:「う~ん。それぞれのアルバムで好きな曲が点在していて、これが1番っていうのは難しいですが・・・、『Stockholm Syndrome (ストックホルムシンドローム)』は好きです。振り子のBGM『Exogenesis Symphony Part3』からMUSEファンになったのですが、そのわりには、激しめの曲調の方が好みなんです。」

Watanabe:「僕も、激しい曲の方が好きですね。『Plug In Baby (プラグ・イン・ベイビー)』とか『Time Is Running Out(タイム・イズ・ランニング・アウト』とか。MUSEの魅力は、やっぱり”ライブバンド”であること。『HARP』に収録されているライブは本当に最高です!

とは言っても、僕はまだ、実際にMUSEのライブに行ったことはないんですけどね…。」

Noto:「私は去年、さいたまスーパーアリーナと、Zepp DiverCity Tokyoでの単独来日公演に行きました。1人で観に行ったんですが、とっても良かったですよ。」

Shibutani:「1人でライブ?行動力ありますね。」

Watanabe:「分かります!僕も基本は、1人でライブを観に行きます。とは言っても、僕はまだ、実際にMUSEのライブに行ったことはないんですけどね…。」

Stockholm Syndromeでテンションを上げる!

20140702_3

ーライブ映像を流しながら、MUSEトークは続きます。

Noto:「音楽を聴くだけのときもありますが、じっくりとライブ映像が見たくなる一定の周期がありますよねー。映像を観始めると、自然に体が動いちゃいます。」

Shibutani:「さすが!ライブバンドと言われる所以ですね。MUSEは3人組のバンドですが、その中でも好きなメンバーとかいるですか?」

Noto:「私はドラムのドミニク。」

Watanabe:「僕もドムは好きですが、一番はマシュー。激しい動きの中でギターを弾けるし、本当に歌が上手い!パフォーマンスの凄さには圧倒されます!」

Shibutani:「だいぶ盛り上がってきましたねー笑。Notoさんは、音楽を聞きながら仕事したりもするんですか?」

20140702_2

Noto:「職場にはヘッドフォンで音楽を聴きながら作業している人もいますが、私は、仕事中に音楽を聴かない派です。おもむろにカバンからヘッドフォンを出す勇気がないというか笑。最近は朝に、『Stockholm Syndrome』をエンドレスで聴いて、テンションを上げることが多いです。」

Watanabe:「1曲だけをずっと?!」

Noto:「そうなんです。もちろん、MUSE以外の曲も聴きますよ。System Of A Down(システム・オブ・ア・ダウン)とか、Linkin Park(リンキン・パーク)とか。私の知り合いで、やたら音楽に詳しい師匠がいるんですが、洋楽から邦楽、アーティストのライブ情報まで、色々と教えてくれるんですよ。」

Shibutani:「師匠?!どんな人か気になります。次回は是非、その師匠にも参加していただきたいですね。」

20140702_5

音楽部ではジャンルを問わず、音楽を楽しみたいエンジニアさんを募集しています。洋楽から邦楽まで、お気に入りのアーティスト・バンドについて語り合う音楽談義に参加してみませんか?たくさんの方のご参加をお待ちしております!


最新情報はFacebook/Twitterをフォロー!


関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。