【一休】ユーザー本位のサービスを貪欲に追及し続ける!

people_2014.08_1

株式会社一休

宿泊事業本部

システム開発部長 小林悟朗 氏

大学卒業後、クレジットカード決済代行会社に就職し、システムエンジニアとして
Linux および Windows 環境における開発経験を積む。
2006年4月に株式会社一休に入社。高級ホテル・高級旅館専門予約サイト「一休.com」
開発から、社内インフラの環境整備まで多岐にわたる業務に従事し、現在は約20名の
メンバーを束ねる部長として、サービスの提供とメンバーの育成を行っている。

良いサービスを届けたい

ー まずは、一休に入社したきっかけを教えてください。

人材紹介会社で働いていた知人から、一休の求人を紹介されたのがきっかけです。そもそも、彼が僕に声をかけてきた理由も、一休の求人に対して紹介できるエンジニアがいないからということでした。話を聞いた時点で、転職する気は全くなかったのですが、以前から一休が運営しているWebサイト「一休.com」は知っていましたし、知人からの頼みということもあって、面接を受けてみることにしたんです。1次面接を受けてみて、雰囲気がとても良い会社だなと感じました。後日、1次面接通過の連絡がきたので、そのまま2次面接にも行ってみると、そこに現れたのはなんと、一休の森社長!社長との面接は事前に知らされていなかったので、焦りました。

そして、社長と話をしていく中で直接、「ウチの会社に来なよ。」と言われたんです。それまで務めていた会社には、退職の意向を一切伝えていなかったにも関わらず、私はその場で一休への入社を決めました。今思えば、森社長の魅力に惹かれて転職を決意したんだと思います。上場企業の社長であれば、距離が遠くて話しにくいイメージがありましたが、気さくに声をかけてくれる森社長の人柄にとても魅力を感じました。

あ、私はイレギュラーな選考だったようなので、この話はオフレコでお願いしますね。(笑)

ー 一休に入社後は、どのような経験を積んできたのでしょうか?

私が一休に入社した時、6人のエンジニアで宿泊予約とレストラン予約の2つのサービスを運営していました。エンジニアの人数も少なかったことから、入社後すぐに、開発とインフラの両方を担当することになったんです。現在では、社内にインフラ専門のチームが存在していますが、当時は、ルーターの設定からプログラミング、リリースの対応まで、何でもやっていました。インフラ周りは前職で少しかじっていましたが、一休に入社してから本格的にやるようになりました。さすがに、これだけ大規模なWebサービスを6人だけで運用するなんて、入社前には想定していなかったです。

people_2014.08_2

入社後の数年間を振り返ってみると、色々なことにチャレンジする機会をたくさん与えてもらいました。何でもやりたい!と手を挙げていたので、上司から見れば、扱いずらい部下だったかもしれません。

もちろん、沢山チャレンジをさせてもらった分、失敗も多く経験してきました。入社早々、勢いよく新機能をリリースした時に、サービスを提供する側として致命的なミスである予約システムを止めてしまったことがあります。一番大変だったのは、5年前に経験したシステムの大規模なリニューアル。プロジェクトが予定通りに進行せず、精神的にも体力的にも辛い時期を経験しました。

もともと、ユーザーのためにシステムが存在するはずなのですが、縦割りでプロジェクトを進めていたため、この概念が崩れてしまったんです。本来のあるべき姿から外れたまま開発が進み、気づいた時には、後戻りするのが困難な状況になっていました。その結果、いざ各機能を検証してみると、思った通りに動かないとか、至る所でバグが出るとか。頑張れば頑張るほど、新しい問題を発見してしまうような日々。リリースした直後はシステムがまともに動かず、徹夜で対応していました。

そんな状態からでも、ひとつずつ問題点を潰していって、ようやく今あるシステムに辿り着きました。この大変な時期を乗り越えることができたのも、「ユーザーに良いサービスを届けたい」という想いから。失敗も含めて、Webサービス開発における一連の流れを経験することができ、ITエンジニアとして大きく成長できたと思います。

一休.comに求められるものは何か

ー 社内の雰囲気はどんな感じですか?

新しい技術が好きなメンバーが多いですよ。社外で開催されている勉強会に参加したり、
学んだ技術を社内で試してみたり。新しく動き出すプロジェクトメンバーを募集する場合もあれば、自ら声をあげてプロジェクトとしてスタートさせる場合もあり、経験年数や役職に関係なく、積極的に自分の意見を言い合える雰囲気です。

特に今年からは、よりスピード感のある開発をしたい!と声をあげたメンバーが中心となり、プロセスの見直しや作業の自動化などの改善作業も活発に進めております。このプロジェクトの成果は、メンバーが「DevLove現場甲子園2014(開発を愛するITエンジニアが集まるコミュニティ)で発表しました。ソーシャルで大きな反響もあり、社内では、より様々なことにチャレンジしていこうという雰囲気になっています。

●右側のスライドが「DevLove現場甲子園2014」で発表した資料。
 トータルで90枚もある大作です。

ー サービスに対するこだわりとは?

people_2014.08_3

やはり、ユーザーが何を求めているのかを一番重要視しています。弊社とよく比較される他社のサービスはいくつもありますが、他社と全く同じことをしたら、一休.comはきっと、要らないサイトになってしまうと感じています。だからこそ、「ユーザーが一休.comに求めていることは何か」を常に考えるようにしています。現在、一休.comは宿泊施設を絞ることで尖ったサービスとして展開していますが、これはユーザーが本当に安心して使ってもらえるものだけを提供することにこだわった結果なんです。

目指すべき方向性としては、ユーザーに最も支持されるサイトでありたい。当たり前のことですが、一休.comは支持してくれるユーザーがいて、はじめて存在できるサービスです。開発を手がける者としてはユーザーから、「このサイトがなくなったら困る!」と言ってもらいたいですね。代わりになるようなサイトは世の中にいくらでもあると思っているので、その中で、「一休.comだから使ってもらえる」ということをとことん追求していきたいです。宿泊事業本部の取り組みも、全てがそこに繋がっていると思います。

一番大切なのは、マインド

ー 今後の目標を教えてください。

この会社に入社してから様々な業務を経験し、すごく充実した毎日を過ごしています。私自身、成長するチャンスをたくさんもらったので、システム部門全体に自ら手を挙げて挑戦するメンバーにチャンスを与える風土を浸透させていきたい。さらに、個人としてもチームとしても、人が育つ土壌づくりに注力していくつもりです。技術力も大事ではありますが、一番大切にしているのはマインドの部分。一休の考え方や大事にしていること、目指している方向など、組織の中で共有認識を持てるような状態になれば、今以上にやりがいを感じることができると思います。一休で働くエンジニアとしてどう成長していくか、一人一人がいかにモチベーション高く働ける環境を作っていけるか、この難しい課題に取り組むことが自分の役割だと感じています。これからも、まだまだ新しいことに挑戦していきますよ!

people_2014.08_4

geechsマガジン記者手記

会員数300万人以上の人気サイトを支えてきたのは、社員一人ひとりのたゆまぬ努力があったからこそ。ユーザー本位のサービスを貪欲に追求し続ける企業であることを実感させられました。ここまで大きく成長したサービスであっても、社員一人ひとりが高い志を持ち、互いに切磋琢磨しあう姿がとても印象的でした。小林さん、社員の皆さま、取材にご協力いただき、ありがとうございました。

こんなエンジニアを探しています

  • 会社名

    株式会社一休

  • 開発環境

    Windows、Linux、Ruby、PHP、VB.Net 等

  • ポジション

    Webエンジニア

  • 必要スキル

    Webアプリケーション開発経験

関連する記事