話題のオンラインプログラミングスクール「CodeCamp」の人気講師を直撃してみた

codecamp top

プログラミング教育の重要性が訴えられるなか、オンラインでプログラミングを学べるサービスに注目が集まっています。この記事ではスキル・経験のあるエンジニアの方向けに、受講生ではなく「講師職」について紹介していきます。

オンラインプログラミングスクールの講師ってどんな仕事?

resize0003

山崎 響 Yamazaki Hibiki
16歳の時に独学でHTMLを学び始め、WEB1.0の時代からHTMLの世界に魅了される。同志社女子大学情報メディア学科在学中はベンチャー企業でアルバイトとしてWEBサービス開発に携わり、その後は大阪のIT企業でプログラマとしてC#,PHP,PostgreSQLでのバックエンド開発やHTML/CSS,JavaScriptでのフロントエンド開発、大手住宅メーカー住宅設計CADシステムのライブラリ管理を経験。現在はフリーランスのWEBエンジニア/デザイナー/ライター/コンサルタントとして活動中。(「CodeCamp」サイトから抜粋)

今回話を伺ったのは、日本最大級のオンラインプログラミングスクール「CodeCamp」で人気講師として評判のYamazakiさん。明るい笑顔と柔らかい語り口のYamazakiさんは、画面を通してもその人柄が伝ってきそう。

― なぜ、講師を始めようと思ったのでしょう?

知人の方から誘われたのがきっかけです。それまで教える経験は特になく、後輩から聞かれたことに答える程度だったので、最初はできるか不安でしたね。ただ、CodeCampの場合は講義ごとに教科書が用意されているため、取り組みやすかったというのはあります。教科書を読むだけでは網羅できない現場のルールや実践的な話などは、補足情報として具体的に伝えています。やっぱり生徒のみなさんはお金を出して講義を受けているので、独学では味わえない付加価値をつけられるよう心がけています。

― 一日の講義時間は、どの位なのでしょうか?

日によって異なりますが、多いときだと7講義ほど担当しております。1回40分なので、トータルで4時間半位になります。フリーランスとして活動しているので、他の仕事と合わせてちょうど良いバランスだと思っています。時間帯も朝10時~深夜23時40分までと幅広いので自分の予定に合わせて組むことが可能です。10-12時、18時-22時が人気の時間帯ですね。

― 生徒のなかには「Yamazaki先生がいい!」と指名してくる人もいるんですか?

そうですね、実は完全指名制なんですよ。スタートしてから10か月ほどになるのですが、どんどん指名していただく数が増えています。みなさんにご贔屓にしていただいてありがたい限りです(笑)

― 講師のやりがいについて、教えてください

生徒さんの成長に関わっていけるところです。みなさん、本当に真剣に取り組んでいただいているので、どんどんスキルが上達しています。今まで関わった生徒さんで、脱落した方は一人もいないんですよ!その成長をサポートできている実感があるのは、めちゃめちゃ嬉しいです。
また、自由度の高いオンラインでの講義になるので、生徒の皆さんの住んでいる地域や、年齢、立場も様々なんです。10代の高校生から、50代の経営者の方まで幅広いです。そういうたくさんの方々とお話できるのも単純に楽しいですね。

― 逆に、大変なところはどんな点でしょうか?

生徒の皆さん、一人ひとり、わからない箇所が違うところですね。「わからない」ということ自体、生徒さんはわからないので、そこを見つけて撃破するというのが結構大変です。それぞれの生徒の方の立場にたって、根気よく指導していくことで対応しています。
よく出来ているところはしっかり褒めてあげ、わからなそうな部分は「ここ、不安そうだから一緒に頑張ってやっていきましょう!」と声掛けをするなど、気持ちよく学んでもらえるよう工夫しています。
「プログラミングって楽しい!」という声をいただけると、思わずガッツポーズをしてしまいます(笑)

― やりがいも大変さも知っているYamazakiさんだからこそ考える、オンライン講師に向いている方って、どんな人だと思いますか?

サービス精神旺盛な人ですね。「もっと教えてあげたい」「もっとわかるようになってほしい」という気持ちを持てる方は向いていると思います。加えて、何にでも興味をもち、常日頃からインプットを欠かさない人であれば、生徒の方々に新しく質の高い講義ができると感じます。教える経験の有無よりも、相手の成長を本当に考えられることのほうがこの仕事だと大事ですね。

実際にYamazakiさんの授業を受けてわかった、人気の秘訣!

resize0001

人気講師のYamazakiさんは、一体どんな講義を展開するのでしょうか。geechsの営業社員(完全なる文系!)がその授業を体感してみました。

【人気の理由その1】 声が大きい!
web上の教科書を聞きながらだったり、コーディングをしながら話す機会が多いので声が小さいと頭に入ってこない。Yamazakiさんは大きな声ではっきり話してくれるため、必要な情報が把握しやすかった。

【人気の理由その2】 ペースを作りひっぱってくれる!
顔が見えないので、沈黙が続くと不思議な間(マ)の後再開されます。Yamazakiさんは『はい!じゃあ・・・』『ここまでで気になる点は無いですか?』などしっかりと確認をしながら区切ってくれるので、オンラインでも違和感なく授業を進めることができた。質問もしやすかったのも◎!

【人気の理由その3】 とにかく褒める!
反応がないのは寂しいもの。Yamazakiさんは、失敗までも褒めてくれるので、プログラミングの中で大事になるであろうトライ&エラーを恐れずにできた。

【人気の理由その4】 フィードバックが丁寧!
終わりよければすべてよし。フィードバックが丁寧だと、しっかりと向き合ってくれたイメージがあるのでもう一度受けたいと思える。

【人気の理由その5】 余談までもが役にたつ!
余談がないと、ただ文章を読むだけ、もしくはプログラミング作業をするだけという形式ばったイメージがある。Yamazakiさんは自分の体験談を交えながら話してくれるため、授業を終えた後、実際に仕事で活用するときのイメージがついた。

resize0004

やはり、人気講師になるにはしっかりとした理由がありました。最初は不安げだったgeechs社員もYamazakiさんに褒められてこの表情!なんとこのまま、CodeCampで講座を継続して受講することを決めたそう!

日本最大級のオンラインプログラミングスクール「CodeCamp」では、講師職を大募集!

lecture2

CodeCampでは、受講生の方にプログラミング技術を指導する講師を募集しています。ビデオ通話を利用して、月1回40分〜空いている時間を活用し自宅からでもレッスンを行っていただけます。

さらに今なら、講師報酬20%アップキャンペーン実施中!
興味をお持ちの方は、こちらからお問い合わせください
※「geechs経緯」での登録である旨をお伝えいただくと、上記キャンペーンの対象となります。

Yamazakiさんのような人気講師を目指してみませんか?
あなたの経験を生かして、プログラミングの楽しさを多くの人に伝えていきましょう!

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。