フリーランスエンジニアに屋号は必要か?

フリーランスエンジニアとして開業する時、屋号は持つべきか、どんな屋号にするべきか、悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。
ここでは、フリーランスにおける屋号とは一体何なのか、また発行するためにはどのような手続きが必要となるのかをご紹介します。まだどのような屋号にするか決めていないという方は、屋号の一例などを参考にして考えてみてはいかがでしょうか?

屋号とは

そもそも屋号とは、フリーランスとして働くにあたっての会社名のようなものです。

”山田生花店”や”松本建築事務所”など、店舗やオフィスを構える事業で、店舗名として屋号を利用しているケースはよく見られます。一方、フリーランスエンジニアの場合は、消費者から仕事を請けることは少ないですし、店舗もありませんので、屋号を持たずに個人名のみで仕事をしているかたも多くいらっしゃいます。

実は、フリーランスとして働くとき、必ずしも屋号が必要となるわけではありません。開業届や確定申告書には屋号を記入する欄がありますが、空欄のままでも提出できてしまいます。

ただ、フリーランスエンジニアであっても、屋号をつけることで個人名だけのときよりも働きやすくなるメリットがあるのです。屋号を持つことで不利になる理由はないので、フリーランスとして働き始めるときに屋号を決めておくことをおすすめします。

屋号をつけることのメリット

それでは、フリーランスエンジニアとして働くうえで、屋号をつけるメリットをいくつかご紹介します。

■顧客の信頼を得やすくなる

フリーランスとして働くにあたって、顧客の信頼を得ることは、仕事を獲得できるかどうかにかかわる大きな問題です。屋号をつけると、個人名だけのときよりも、仕事に対するカッチリとした印象を与え、顧客の信頼を得やすくなることがあります。

■事業内容が伝わりやすくなる

個人名だけを名乗っても、どのような事業をしているフリーランスなのか、すぐにイメージすることはできません。そんな時に一目見ただけで事業内容が伝わるような屋号をつけることで、顧客に自分の仕事内容を理解してもらいやすくなります。

■知名度を高めやすくなる

人によっては、なかなか個人名を覚えてもらいにくいことがあります。そんなときは、キャッチ―な屋号をつけることによって、より多くの人に覚えてもらいやすくなるというメリットがあります。屋号の知名度を高めて、仕事が手に入るチャンスを手に入れましょう。

■仕事へのモチベーションが高まる

会社名のように屋号を名乗ることで、仕事のモチベーションが高まるでしょう。また、屋号を名刺や銀行口座、領収書などに利用することで、プライベートと仕事の切り分けがしやすくなります。

次のページ:
屋号はどのようにして発行するのか

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。

geechs

ChatBot

《1分で登録できる!》
Facebook Messengerを使って
最新記事を受け取れます。

利用する