あなたもフリーランスになれるかも?フリーランス適性チェック

現在、企業で活躍中のエンジニアのみなさん。いつかは自分もフリーランスに…!と思い描いたことはあるものの、実際にフリーランスとして働き始めるには、まだ自信がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まずは、これからご紹介するフリーランス適性チェックで、自分にフリーランスの適性があるかどうかをたしかめてみましょう。チェック項目に当てはまれば、あなたもフリーランスとして活躍していけるかもしれません!

フリーランスに適性はあるの?

そもそもフリーランスと会社員では、仕事のやり方が大きく異なります
フリーランスという働き方は、基本的に自分1人で調査・検討・決断をし、仕事を進めることになります。したがって、“1人でいるのが苦痛で仕方がない””チーム競技でないと張り合いがない”といった考え方であれば、フリーランスでの仕事は適していない、と言えるでしょう。

仕事上の技術力やスキルという観点では申し分のないレベルであっても、いざフリーランスになってみると、その仕事の進め方やスタイルに馴染めない可能性があります。一度会社を辞めてしまうと元の立場に戻ることは難しいですから、フリーランスになる前に自分の適性についてチェックしておきましょう。

フリーランス適性チェックリスト


フリーランスとして働く適性があるかどうかをたしかめるための、8つの項目をご紹介します。自分に当てはまるものがいくつあるか、チェックしてみてください。

□1.ひとりで黙々と作業をするのが好き

□2.自分の価値は自分で決めたい

□3.電車に乗るとき、スムーズな乗り降りのために車両の位置までこだわる

□4.SNSにこだわらず、人との繋がりを大切にしている

□5.管理職としての活躍よりも、エンジニアとして現場で活躍し続けることに魅力を感じる

□6.仕事だけでなくプライベートも充実させたい

□7.仕組みや本質を理解しようとする

□8.常に最新技術や自分が関わる技術の情報をキャッチアップしている

次のページ:

あなたにフリーランス適性があるか解説します

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。

geechs

ChatBot

《1分で登録できる!》
Facebook Messengerを使って
最新記事を受け取れます。

利用する