知ってるようで知らない!?「フリーランス」と「派遣」の違い

今や、働き方は正社員だけではありません。求めるワークライフバランスによっては派遣、またはフリーランスとして働くことも一般的になりました。正社員ではない働き方として、似たようなものだと思われがちなこの2つですが、実際には多くの違いがあります。今回はフリーランス派遣の細かな違いについてご説明していきます。働き方を模索している方は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスと派遣の一番の違いは「雇用関係」

20170203_1

フリーランスと派遣を比べた際、最も大きな違いは雇用関係であるといえます。派遣社員には企業との雇用関係がありますが、フリーランスにはありません。そのため派遣であれば労働基準法が適応されますが、フリーランスには適応されないということです。

それにより生じる違いのひとつとして、保険や年金の手続きや支払いが挙げられます。派遣社員であれば手続きや支払いにおいて会社からサポートを受けることができますが、フリーランスにはそういったサポートはありません。よってフリーランスには煩雑な手続きを自分でやらなければいけないというデメリットがありますが、その一方で、仕事で使用した経費を計上できるというメリットがあります。

働き方における違いとは?

20170203_2

働き方においても両者には明確な違いがあります。派遣社員は派遣先に出向くことになりますので、基本的な業務の進め方は他の社員と変わりません。もちろん、勤務時間も派遣先の規則に従うこととなります。

その一方でフリーランスは、派遣同様出向く場合もありますが、“在宅”業務もあります。その場合は、一日の時間をどう使っても自由ということになるのです。フリーランスでの仕事を続けている方にとってはこの自由なワークスタイルが大きなメリットとなっている人もいるようです。

ただし、“在宅”では業務内容が限定される場合もある上、先に述べたようにフリーランスであっても企業との契約によっては毎日出社し、決められた時間に仕事をする場合もあります。ひとくちにフリーランスと言っても、その中にもワークスタイルがさまざまあります。自分の求めるスキルややりがい、仕事環境、報酬などによって選択しましょう。

次のページ:
報酬とリスクの違い

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。