Azureまるわかり!日本における現状とAWSとの違い・海外のパブリッククラウド市場の動向

海外のエンタープライズにおけるパブリッククラウドの活用が増えてきているのは、疑いようもない事実です。日本国内においてもオンプレミスからクラウドに移行を始める企業は珍しくありません。

そんな中、パブリッククラウドのシェアに目を向けてみると興味深い傾向があります。かつてはAmazonの「AWS」一強と言われていたパブリッククラウド市場に、Microsoftの「Azure」のシェア拡大が目立ってきているのです。

今回はこの「Azure」の国内外の動向、そしてAmazonの「AWS」との違いをクローズアップして見ていきたいと思います。

徹底比較!「Azure」と「AWS」

20170125_1

まずは「Azure」と「AWS」の違いについて検証してみましょう。いくつかのポイントごとに違いについてまとめました。

■利用可能通貨

Azureは日本円での支払いが可能となっています。AWSも現在はリセラーを経由することで日本円での支払いに対応していますが、双方の大きな違いは為替の影響です。

Azureの料金設定は日本円で行われるため、為替の影響を受けることはありません。対してAWSの料金設定は米ドルで行われるため、為替の影響を受けています。

■準拠法

AWSはアメリカ合衆国ワシントン州法を準拠法としており、裁判地はワシントン州キング郡の州裁判所、連邦裁判所です。一方、Azureは日本法に準拠しており、東京地方裁判所を裁判地としています。

■データセンター

AWSは日本を含む12の地域、Azureは日本を含む22の地域でデータセンターを稼働しています。AWSは東京のみの稼働ですが、Azureは東日本、西日本とふたつのリーションが稼働中です。

■ディザスターリカバリー

日本国内に東京リージョンしか存在しないAWSは、災害復旧時に海外リージョン利用することになります。対して、Azureは東日本リージョンと西日本リージョンを組み合わせて災害復旧することが可能です。

■ネットワークサービス

AWSはAWS Direct Connect、AzureはAzure ExpressRouteで専用線接続が提供されています。Azure ExpressRouteは西日本におけるプロバイダーの対応が遅れているようです。

■その他

待望されていたRed Hat Enterprise Linuxへの対応をした、Azure。一方のAWSは主要なディストリビューションはほとんど選択可能です。

次のページ:
日本におけるAzureの動向

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。