フリーランスになるには?知らないと損、はじめてのフリーランスで確認すべきこと

「自分の好きなことを武器に、独立してバリバリ仕事をしていきたい!」と、フリーランスに憧れる人も多いハズ。しかし、フリーランスと言っても、それは立派な「事業」の一つ。会社員の時とは違って、最初は自分一人で、事務のことから営業など、全てのことに対応していかなければなりません。

決心してフリーランスになったのに「そんなハズじゃなかった・・・」と後悔したくはないですよね。そこで今回は、今後フリーランス検討している現在会社員の人が、確認・準備しておきたいことをご紹介していきましょう!

退職前に確認しておくこと

長年勤め上げた会社を退職して、いざフリーランスとして順調にスタート!・・となればいいですが、現実はそううまくいきません。実際、営業活動のやり方が分からず結局動けなかったり、必要な道具を買ったら、いきなり資金繰りのピンチになった!という方もいます。

そのような事態にならないためにも、安定している給料をもらっている間に、以下のことを確認しておきましょう!

■自身のエンジニアとしてのキャリアを振り返る

フリーランスとして活動するということは、自分の技術力を売っていくことになります。そのため、市場で求められている技術力があるということは、フリーランスにおいては大前提。100点満点の完璧スキルとまでは言いませんが、ある程度はプロとしてスキルを提供できるということを証明するためにも、これまでエンジニアとしてどんなキャリア・実績があるかを知ってもらえるように必要があります。

– キャリアの棚卸し
自身がどんなスキルを保有しているかと同時に、それでもってどんな開発をしてきたかも重要です。以下の項目で自身のエンジニアとしての実績を振り返ると良いでしょう。

・どこで
・どのぐらいのプロジェクト規模で
・どんなポジションで
・何のスキルを使って
・どんなことができたか

各項目ごとに洗い出してみることで、自身の経歴の整理ができます。実際にフリーランスとして活動を始めるにあたって経歴書の作成は必要になるので、実施しておいて損はありません。将来のクライアント担当者に、エンジニアとしての実力を理解してもらえるよう準備しておきましょう。

■契約先を見るける手段を選定

技術力があっても、家で悶々としていては収入を得られないので、どのようにしてクライアントをみつけ契約するかを事前に確認しておきましょう。

– 知人等の人脈を活用する
これまでに気づいた人脈を活用し、仕事を探すことも可能です。知人の居る環境で働くことは、初めてフリーランスとして働く上では不安を和らげてくれるかもしれません。ただし、その際に発生する契約手続きや関連する書類の準備等を全て自分で行う必要があります。

– エージェントの活用
エージェントの活用は、個人で探すよりも圧倒的にクライアントの保有や、案件の数に差がでます。また個人では出会えないような案件も紹介できるのがエージェントの強みです。また案件の紹介にとどまらず、契約や報酬の請求に関する事務手続き等までサポートする体制があるのも魅力です。

■今しかできないことをしておく

会社員の一番の強みは「毎月入ってくる安定的な給料」です。つまりそれは、様々な審査に対して通りやすいというメリットがあるということに
なります。そのため、今後必要になるであろう「クレジットカード」や車、住宅などの「ローン」などは、会社員である今のうちに申込しておきましょう。

また、小さなことですが「引っ越し」もフリーランス後には審査が通りにくいので、こちらも会社員の間にやっておくことをオススメします。

退職したらやること

会社を退職し、いよいよフリーランスとしての活動です。フリーランスの第一歩として、認識しておくことは主に3つです。

■手続き関連

 

フリーランスとしてスタートするには、個人事業主として、様々な手続きが必要です。中には必須でない手続きもありますが、最初の段階から届け出をしておくと、後々楽になるでしょう。
– 国民健康保険
これまでの会社の健康保険から脱退し、「国民健康保険」に加入することになります。手続きは住まいの市区町村役場にて済ませましょう。会社の健康保健に関しては、今の2倍の料金を払えば2年間の期間限定で、任意継続をすることも可能です。

– 国民年金
今までの「厚生年金」から脱退し、「国民年金」の保険料を支払わなければなりません。こちらも住まいの市区町村役場にて手続きが可能です。厚生年金時より減ってしまう年金に不安を感じるなら、基礎年金に上乗せできる「国民年金基金」への加入も検討してみてください。

– 事業開始申告書
税金を支払うため、フリーランスとして事業を開始した旨を事業開始15日以内に住まいの市区町村役場に届け出を行います。

– 個人事業の開業届出書
こちらも税金を支払うため、事業開始1ヶ月以内にお住まいの管轄税務署に届け出を行います。
 
– 青色申告承認申請書
こちらは確定申告時に「青色申告」を行うための届け出となります。「青色申告」を行うことで通常の「白色申告」よりも多くの控除を受けられるた
め、忘れずに届け出を行いましょう。開業から2ヶ月以内に管轄の税務署へ届け出を行います。

■経理関連

 

必要な手続きが済んだら、次に必要なのが経理関連の整理です。お金周りをしっかりと整えておくことで、余計な心配を減らし、フリーランスとしての活動に集中することができるようになります。以下が、主な経理関連で準備しておきたい項目になります。

– 事業用通帳
今後会計ソフトに入力していく際に、個人の通帳だけだと管理が煩雑になってしまいます。そのため、事前に会社用の通帳を準備しておくと、管理が楽になるでしょう。

– 会計ソフト
現在ではオンライン上からでも入力ができる便利なソフトやサービスが数多く存在しています。有名な「弥生会計」をはじめ、「freee(フリー)」など、自分に合ったものを選択するようにしましょう。

– 税理士探し
フリーランスの場合は税理士とのお付き合いがなくても活動をすることは可能です。しかし、契約関連で困った時や確定申告時など、何かしらの業務における相談ごとには、税理士さんがいると安心です。予め候補となりそうな税理士さんを探しておきましょう。

■実務関連

必要な手続きや経理関連を整理することできたら、最後はフリーランスとして活動していくにあたって必要となるものを揃えましょう。業種によって購入するものは異なりますが、一般的なものとしては、以下のようなものが挙げられます。
 
・名刺
・デスク、椅子
・パソコン
・印鑑
・見積書、請求書のフォーマット
・封筒(見積書、請求書などの提出時に)
・ファイル、バインダー
・プリンター
・コピー用紙
・インク
・電話、FAX
・インターネット環境
・Pocket WiFi
・自社ホームページ、SNS、GitHubなど各種情報発信ツール

次のページ:
実際に営業開始したあとどう動く?

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。

geechs

ChatBot

《1分で登録できる!》
Facebook Messengerを使って
最新記事を受け取れます。

利用する