業務委託契約書の基本をおさらい。フリーランスのトラブル回避術

フリーランスが企業から仕事を受注する際は通常、業務委託契約を結びます。長らくフリーランスとして活躍されているエンジニアの中にも、この契約について深く知らない方がいるかもしれません。

業務委託契約に関する正しい知識を身につけることは、トラブルを回避することにつながります。今回は、フリーランスの方に知識をおさらいできるよう、業務委託契約に関する初歩的な情報をご紹介します。

業務委託契約を締結する目的

まずは「なぜ業務委託契約を結ぶ必要があるのか?」という根本的な話題に触れていきます。大雑把に言ってしまえば、フリーランスと企業間の取引を正当化するのが、この契約の目的です。

フリーランスの取引にまつわるトラブルは、往々にしてクライアントとの認識の違いで発生します。「言った、言ってない」という水掛け論になる前に、双方が承認をした取り決めを業務委託契約書という形で、明文化しておきましょう。そうすることで、何か問題が発生したときに、この業務委託契約書に則って対処ができるので、大きなトラブルに発展せずに済みます。

業務委託契約書の記載内容

実は、業務委託契約書の内容は法的に定められておらず、クライアントとの協議で決まります。そのため、フリーランスは業務委託契約書の内容を正しく理解し、自身にとって不利がないか、問題が発生したときに振り返るための項目は揃っているのかをチェックする必要があります。ここでは一般的な記載内容についてご説明します。

■業務委託内容

委託される業務内容とその範囲を明記します。事前にクライアントとすり合わせを行い、限りなく具体的に記載するのが理想的です。また、契約が「委任契約」「請負契約」どちらになるのかも記載しておくと良いでしょう。(両者の違いについて、詳しくは後述します。)

■報酬・費用負担に関する内容

報酬額や支払い方法、支払い日についての記載も重要な項目です。あわせて、業務に関わる費用(交通費・資料代など)をフリーランス・企業のどちらが負担するかについても定めておくべきです。

契約期間・契約更新に関する内容

契約開始日・契約終了日についても曖昧にせず明記します。契約更新がある場合は、延長される期間、更新条件についてもあわせて記載します。

■瑕疵担保責任に関する内容

瑕疵とは、納品後に発生した欠陥やバグを指し、無償で点検や修正を行う責任が発生します。請負契約の場合に必要となる項目で、委任契約の際は必要がありません。対応する期間や内容を明記しておきましょう。

■知的財産権に関する内容

業務を通じて生み出された知的財産権が、業務中、または業務終了後どちらの所在になるか明記しておきましょう。

■機密保持に関する内容

フリーランス側は、業務上で知ることになる企業の情報を外部に漏らさないように義務づけられます。同様に企業側も、フリーランスの個人情報を機密保持する必要があります。業務委託契約書には、どちらの義務も明記されていることが望ましいです。

■損害賠償責任に関する内容

納期に間に合わなかった、機密情報を流出させた、といった想像しうる契約違反に関して、損害賠償の範囲を定めておくと良いでしょう。

■契約解除の関する内容

業務委託契約は期間を定めた契約ではありますが、不測の自体により契約を解除せざるを得ない事があるかもしれません。即時解約になる条件や、解約を申し入れる場合の条件や申し立ての期日を明記しておきましょう。

次のページ:
要注意!知っておくべき
請負契約・準委任契約・労働者派遣契約の違い

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。