業務委託契約書の基本をおさらい。フリーランスのトラブル回避術

請負契約・準委任契約・労働者派遣契約の違い

ここまで業務委託契約について説明してきましたが、法律用語で「業務委託契約」という契約は存在しません。「業務委託契約」は便宜上作られた呼称であり、一般的には「請負契約」「委任契約(準委任契約)」という2種類の契約形態の総称です。以下では「請負契約」「委任契約(準委任契約)」、そしてもう一つ、IT業界で代表的な契約である「労働者派遣契約」についてご説明します。

■請負契約

「請負契約」とは、仕事を完成させることを約束する契約です。「仕事を完成させた」という成果に対して報酬が発生します。発注側は受注側が完成させた成果物に対して問題がないことを確認(検収)した後に報酬を支払います。ただし、引き渡しから1年以内に検収品に問題が発生した場合には、受注側に瑕疵担保責任が発生します。

■委任契約(準委任契約)

「委任契約(準委任契約)」は、受注側に対するプロフェッショナルとしての仕事ぶりを期待されるものの、成果物の完成を約束する契約ではありません。従って、報酬は成果物の完成ではなく、仕事を対応したプロセスに対して支払われます。また、この契約では客先に常駐して作業をするケースも発生しますが、発注側に指揮命令権はなく、業務プロセスや労働時間、服装の規定といった業務上の指示を行うことはできません。

■労働者派遣契約

上述した2つの契約が民法に定められているのに対し、「労働者派遣契約」は「労働者派遣法」に定められています。報酬が業務の期間ベースで支払われる点は委任契約(準委任契約)と同じですが、労働者派遣契約の場合、指揮命令権を発注側が持っています。実際には仕事がマニュアル化されているケースがほとんどです。

フリーランスだからこそ……自分の身は契約で守る

冒頭に申し上げたように、的確な業務委託契約書の作成と契約内容への理解は、自分の身を守ることにつながります。

・準委任契約であるにもかかわらず、契約期間を明記しなかったことで案件の完了まで無償で期間延長しなければならなくなった
・損害賠償の上限を定めなかったことで、不慮の自体で多額の賠償金を請求された

などという、大きな事故につながる危険を未然に防ぐためにも、契約書で事前にコンセンサスを取っておきましょう。
契約内容に疑問があれば、実際の業務上ではどういったシチュエーションが想定されるかを考えながら、クライアントと相談し受注の前にクリアにしておきましょう。フリーランスにとっては契約をスムーズに、自分自身で完結させることも仕事の一つなのです。

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。

geechs

ChatBot

《1分で登録できる!》
Facebook Messengerを使って
最新記事を受け取れます。

利用する