知っておきたい、派遣と業務委託の違い

エンジニアとしての自身の今後のキャリア形成のために、雇用によらない「フリーランス」という働き方に選択された方。正社員としてではなく、個人として仕事をするフリーランス。しかし仕事先で同じように働いているのに、「どうして私とあの人とで扱われ方が違うの?と疑問に感じたことがある人もいるかもしれません。客先に常駐して働く場合でも、派遣で働くのか業務委託で働くのかで働きかたに違いがあり、法律で制限が定められています。その違いを解説しましょう。

業務委託とは

「業務委託」とは企業と雇用契約を結ばず、個人事業主として企業と同じ立場で、業務の依頼受けること指します。法律用語で「業務委託契約」という契約は存在せず、便宜上作られた呼称であり、実際には「請負契約」「委任契約(準委任契約)」という2種類の契約形態分かれます。業務遂行・成果に関する考え方が違いがあるので、そちらをご紹介します。

■請負契約

「請負契約」とは、成果ポイントが一定の成果を前提とする契約です。「仕事を完成させた」という成果に対して報酬が発生します。期日までに納品物あるいは成果物を提出し、発注者が納品として認識した際に報酬が発生します。引き渡しから1年以内に検収品に問題が発生した場合には、受注側に瑕疵担保責任が発生します。

■委任契約

「委任契約(準委任契約)」は、受注側に対するプロフェッショナルとしての仕事ぶりを期待されるものの、成果物の完成を約束する契約ではありません。従って、報酬は成果物の完成ではなく、仕事を対応したプロセスに対して支払われます。また、この契約では客先に常駐して作業をするケースも発生しますが、発注側に指揮命令権はなく、業務プロセスや労働時間、服装の規定といった業務上の指示を行うことはできません。

同じ業務委託契約であっても、実際に締結する契約の種類の違いによって、成果ポイントや働き方に違いがでてきます。業務委託契約を締結する際には、注意して確認する必要がある重要な項目です。

派遣と業務委託の違い

■派遣とは

派遣元の事業主が自己の雇用する労働者を、労働者派遣契約を結んだ顧客(派遣先)の労働に従事させることを言います。この場合の労働者は派遣先の担当者の指揮命令を受けて働きます。労働者が業務上でのトラブルやその対応依頼、相談等は現場の担当者ではなく、雇用主となる派遣主とのやりとりになります。派遣者と派遣先担当者とは、一般的なコミュニケーションを除き業務上の指揮命令等は禁止されています。

派遣と請負で注意すべきポイント

■請負の作業者に顧客が直接指示をしてはけません。

請負で働いている作業者は、顧客の事務所に常駐していたとしても顧客の指揮命令を受けることはありません。もしも顧客が作業の指示を直接労働者にしている場合は、請負の形態で派遣社員を使っているという「偽装請負」とみなされてしまいます。

労働契約を結んでいない相手から無謀な指揮命令を受けることになると労働者の労働条件が悪化してしまいます。それを防ぐために労働関係法で偽装請負を禁止しているのです。顧客から要請がある場合は、請負業者の責任者を経由して指示を受けることになります。

■派遣とはいえ、副業をする際は要確認

派遣という働き方は、原則拘束される内容としては業務内容と勤務時間です。つまりその契約内容さえ守っていれば、他は自由なはず。金銭的に苦しいので複数派遣業を行う思うと、危険です。法律上、副業を取り締まる法律はありませんが、派遣主の企業の服務規程が適応されるため、場合によっては解雇の可能性もあります。業務委託の場合、委託内容などの契約内容によっては複数の業務委託を結ぶことも可能ですが、派遣の場合は注意が必要です。

おわりに

正社員以外にも様々な働き方が増えてきている昨今。仕事とプライベートの時間を両立させたい、あるいはもっと収入を増やしたいといった理由で、働き方を考え見直す方も多いと思います。業務委託・派遣以外も様々な働き方があり、選択肢は豊富です。しかしその一方で、それぞれの契約形態について理解が浅いと、思わぬトラブルを招くことになりかねません。

契約内容はもちろん、納税や申告関連、役所への提出書類等も様々です。働き始めてから「思っていたのと違う」とならないためにも、こ働き方を検討する際は、契約形態の違いや、責任の所在、手続き等の詳細を調べてみましょう。

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。

geechs

ChatBot

《1分で登録できる!》
Facebook Messengerを使って
最新記事を受け取れます。

利用する