若手エンジニアが『脱サラしてフリーランスになった人』にされた厳しい説教とは【前編】

近年ITフリーランスの需要は伸び続けている。今は正社員として働いていても、いずれは脱サラしてフリーランスになり、自分の力で勝負してみたい!と考えているエンジニアも多いだろう。俺も例外ではない。


中小IT企業に勤めるエンジニア3年目。いまの仕事や会社に不満はないが、学生時代の友達でも何人か転職をしたり独立したり活躍していると聞いて、自分の将来もこのままでいいのかと少し気にし始めた。

俺は、今日もモンモンとした月曜日を過ごし、仕事終わりに軽く一杯飲んで帰ろうと暖簾をくぐった。

20160330_2

突然俺はとなりのおじさんに話かけられた。

おじさん:いい飲みっぷりだね。彼女にでも振られたかー?

おじさん
この居酒屋は常連らしい。一人カウンターで飲んでいた、謎のおじさん。年は40くらいだろうか・・・?

 

随分失礼なおじさんとのファーストコンタクトであったが、隣に座ったのも運の尽き、俺とおじさんとの会話は自然と続いた。

20160330_4

俺:実は最近、仕事や人生やキャリアに悩んでいましてね…。おじさんはどんな仕事をしているんですか?
おじさん:ん? おじさんは脱サラしてフリーランスでエンジニアをしているよ。

俺:え!? おじさんフリーランスエンジニアなの!? かっけー!!!!

20160330_5

俺:(フリーランスになったら、自由な時間が多くて、給料もたくさんもらえるって聞いた事がある。こんなおじさんでも脱サラしてフリーランスになれるんだ…。)

20160329_6

俺:(案外、フリーランスって簡単なんじゃね? 俺の周りにフリーはいないけど、同じエンジニアとしてフリーランスという働き方はありなんじゃね?)

20160330_7

俺: おじさん! いや、師匠!! 俺、前からフリーランスに興味があったんです。フリーランスについて教えてください!

次のページ:
脱サラフリーランスによる説教ポイント

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。