読書会&ワークショップを中心に「RESTful#とは勉強会5」

20150410_01

エンジニア・デザイナーのための無料イベントスペース「21cafe」で「RESTful#とは勉強会5」が開催されました!今回この勉強会を主催されたのは「Ruby Children」コミュニティの方々です。今回が5回目の勉強会ということで、既にお知り合いの参加者さんも多く、和やかな雰囲気でスタートしました!

20150130_0

21cafe<ニイイチカフェ>についてはこちら

今回は、RESTプロフェッショナルの川村 徹さんとRESTfulに関して基礎から学ぶ勉強会の第5回です。
山本陽平著の「Webを支える技術」の読書会とRESTfulなサイトをテーマにしたワークショップを行いました。

20150410_03

    
川村 徹氏
フリーランスのRuby/Railsプログラマ。株式会社ソニックガーデン 技術支援パートナー。
専門はRESTで、RubyKaigi 2013およびRubyKaigi2014でRailsとRESTについての講演を行った。
地域RubyコミュニティのSendagaya.rb共同主催、RESTful Web APIs 読書会主催。

 

「Webを支える技術」読書会

20150410_05

    
4人ほどのグループになり声に出して輪読し、疑問点などを出しつつ、同時に川村さんに質問するという形式で行いました。

これまで開催した勉強会では、3、5、6、7章を抜粋して読み進めており、5回目の今回は7章の中から「べき等性と安全性」が対象です。

     
     

川村氏より勉強会のポイントをまとめたものが参加者向けに共有されています。
▼RESTful#とは勉強会5 ポイント
https://gist.github.com/tkawa/52c49ce756bbf578594e

|POINT
✔「べき等性」
1回送っても複数回送ってもリソースの状態が同じであること。
✔「安全性」
リソースが増えたり書き変わったり消えたり、リソースそのものに影響があるかどうか。

実践!ワークショップ

RESTfulなサイト作り~ウォーミングアップ編~として、実際のサイトを課題にどこがRESTfulか、どうしたらRESTの規約に近づけるかなどをグループで話し合います。
読書会で議論した「べき等性と安全性」を意識しながら実際のサイトを見ることによって、さらに理解を深めます。

20150410_04

▼RESTfulについて解説されている、第一回勉強会資料はこちら

参加者の声

フロントエンドエンジニア K.Hさん
読書会とワークショップという形態の勉強会に参加したのは初めてでした。
技術本は内容が難しいことが多く、自分なりの理解で読み進めていることが多いのですが、今回のように複数の方と読み進めると、自分の捉え方が合っているのか答えあわせができるので大変有意義な時間になりました。
また、ワークショップではサイトを見ながら、読書会で得た知識をどう生かすか、周りの方と意見交換できてよかったです。

「Ruby Children」コミュニティはRESTやWebの基本的な仕組み、RonRなどを中心に気になったことを勉強していきます。
「RESTful#とは勉強会」はこれまでに5回開催されましたが、今後も定期的に開催されます。
毎回、質問や話し合われた内容がTwitterで共有されることも多いので、気になる方は「#RESTudy」で検索してみてください♪

今後の勉強会についてのお問い合わせは「21cafe」までどうぞ♪


最新情報はFacebook/Twitterをフォロー!


関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。