初開催&満員御礼!アラサーデザイナーのから騒ぎ♪#1

21cafeではデザイナーさん向けのイベントも開催されます。
初開催となる「アラサーデザイナーのから騒ぎ -デザインプロセス・スペシャル-」。
大勢のデザイナーさんにご参加頂き、大盛況の勉強会となりました!

20150714_4

オープニング

記念すべき第1回目の開催のテーマは「デザインプロセス・スペシャル」。
みんなどうやってデザインしてる?など、疑問やノウハウをシェアするべく開かれた今回の勉強会。
アラサーデザイナーたちが日頃の活動内容や作品を事例に発表します。

20150714_8

主宰者の田中翔子さん(写真右)の開会の挨拶、そして司会の瀧本優さん(写真左)によって勉強会は進行されます。

20150714_6

まずは皆で乾杯!
テーブルに準備されたドリンクと軽食をつまみながら、リラックスムードで始まる勉強会。
『堅苦しいのではなく、リラックスしてみんなが参加しやすい空間にしたい』という主催側の想いから、空間作りにもこだわりが感じられます。

20150722_1

セッション

乾杯で会場が和んだところで、主宰者である田中翔子さんに発表頂きました。
テーマは『アプリの開発プロセス』、実際にアプリ開発を行った際に得たデザイナー目線でのナレッジを共有頂きました。

20150722_2

|発表者

田中 翔子さん
1986年生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科卒業後、モラトリアムを経て、デンマークCopenhagen Institute of Interaction Designへ。帰国後、デザインコンサルティングの会社で、大手家電メーカーの研究開発やスタートアップのデザインコンサルティングを行う。2013年、Goodpatchへ。現在はサービスやアプリのディレクション、情報設計、UIデザインを行っている。最近の趣味は、note

|まとめ

開発のプロセスとしては、「リサーチ」「ヒアリング」から始まり、「ブレスト」「要件定義」の後、「プロトタイピング」「ユーザーテスト」「ビジュアルデザイン」「実装」「リリース」、そして「運用」となります。「運用」においてはユーザーの反応を測定し、改善を繰り返します。
UX設計はUX実現に直結するわけではなく、デザイナーがいくらユーザー体験を設計しても、実際にいい体験を実現するのはそう簡単ではありません。アプリ開発において、いい体験を生み出すということは、サービスを運営するすべての人が一つ一つ丁寧にプロセスを踏むことでようやく実現するものです。

20150714_10

|発表者

清水 淳子さん
1986年生まれ。多摩美術大学情報デザイン学科卒業後、webデザイナーとして勤務。2012年 WATER DESIGNにて、既存のジャンルを超えた横断的な事業デザインに携わりつつ、Tokyo Graphic Recorderの活動を開始。現在Yahoo! JAPANでUXデザインを実践中。

発表のテーマは『デザイン3.0 ファシリテーターとしてのデザイナー』。
これまでの清水さんのグラフィックレコーダーとしての活動の紹介と、グラフィックレコーダーの概念を「Why」「What」「How」の観点から解説します。

|グラフィックレコードとは

議題を可視化をするもの。議論や対話のプロセスをリアルタイムでビジュアル化します。
単なる情報整理や記録だけでなく、場の議論を整理し、フィードバックを与えることで課題発見をし、課題解決への道を探る手助けとなります。
「聞く」「解釈」「抽出」「描く」のプロセスからなり、議論に参加している人々に「見せる」ことで、フィードバックします。
グラフィックレコードを活用することで、素早く誰でも議論の本質や全体像を掴むことが可能となり、全員が目指すゴールが明確化し意思決定のスピードと精度が高まるという利点があります。

|グラフィックレコーダーに必要な要素

グラフィックレコーダーとして機能するためには継続的な練習と二つの要素が必要となります。
✔状況に合わせて使い分けること
単なる議論整理ではなく、課題解決に結びつけるためには、使用するタイミングを熟知する事が必要。
✔公平を保つ立場であること
時に誤解を与えることもある程ビジュアルの力は強い為、言われた事を鵜呑みにしない知識と態度が必要。

|これからのデザイナー像

グラフィックの力で、皆に「考えさせる」「問いかける」「引き出す」というアクションのきっかけとなるような働きができるデザイナーが求められます。デザイナーの持つビジュアライズスキルを発揮して、課題解決だけでなく課題発見にもデザイナーが関われるようになり、本質的なものづくりを仕掛けることが出来るでしょう。

20150714_12

|グラフィックレコーダー

廣澤 梓さん
1989年生まれ。武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科卒業後、ヤフー株式会社にデザイナーとして勤し、webページのビジュアルデザインに携わる。関連会社のロゴ作成や、『Yahoo! JAPAN』ロゴクリンナップなどタイポグラフィの知見を活かした制作を行っている。

今回の勉強会でも廣澤さんによるグラフィックレコードを実施しました。
勉強会中にもその場で議題を取りまとめ記録しています。
参加者はまとめられた情報を「見る」ことで整理できます。

20150723_1

パネルディスカッション

セッションの後は、デザイナー4名によるパネルディスカッションです。
気になるお題を「から騒ぎ」形式でざっくばらんに議論します。
普段は聞けない・相談できないようなこともここでは聞けるような気がします。

20150714_13

仲良くなろう懇親会

最後に立食形式の「仲良くなろう懇親会」が開催されました。
オープニングから和やかなリラックスムードで、勉強会中も質問や発言が自然と飛び交っていましたが、懇親会では参加者同士や発表者との交流が更に活発に行われました。

20150714_14

主宰者・運営のみなさま

「新人でもベテランでもない私たちアラサーデザイナーが、世の中にモノ申す!社会に出てかれこれ5年以上経った私たちが、デザインのお話をマジメにする集い」というコンセプトで開催された今回の勉強会「アラサーデザイナーのから騒ぎ」。
主宰者の田中翔子さんの綴る、勉強会の主催の経緯はこちらでご覧頂けます。

Facebook:「アラサーデザイナーのから騒ぎ」
Twitterハッシュタグ:#R30designer

20150714_3

今後も定期的に勉強会を開催する予定です。21cafeの勉強会などのイベント情報はこちらをチェック!

次の「アラサーデザイナーのから騒ぎ」勉強会は7月24日(金)に開催決定しています!
「アラサーデザイナーのから騒ぎ -#2キャリアビジョン・スペシャル-」


最新情報はFacebook/Twitterをフォロー!


関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。