アプリからIoTまで!男性エンジニアがMilkcocoaを語りつくす「Milkcocoaオジサン」レポート

近年、バックエンド機能を提供するサービスBaaSの利用機会が増えていると、注目を浴びています。中でもMilkcocoaは、リアルタイム通信に特化したサービスです。そんなMilkcocoaのミートアップが21cafeで開催されました。今回は「Milkcocoaオジサン」と題して、登壇者も含め参加者は男性ばかり!アプリ開発からIoTネタまで、内容盛り沢山だった当日の様子をレポートします。

20160405_ec

 

Milkcocoaを使い倒す10名のMilkcocoaオジサンたちのLT

■すんげー楽にちゃんとしたアプリを作る

発表者:sgtn氏(フリーランスでご活躍中)

Milkcocoaの開発に携わった経歴をもつsgtn氏からは、BaaSを活用したアプリ開発の事例を紹介いただきました。アプリ開発の効率化の手段として、BaaSの活用があげられる場面はしばしばありますが、実際に導入することは容易ではありません。

今回sgtn氏は、チャットアプリの開発を題材に、実際にプロダクション開発での活用法を解説。BaaSで実現できることが、具体的にイメージできるようになる発表でした。

■niconicocoa ?あなたの発表もインタラクティブに(笑)?

発表者:渡部タツアキ氏(面白法人カヤック)

渡部氏からは、発表スライド上にニコニコ動画風のコメントが流せるサービス「niconicocoa」を紹介していただきました。このniconicocoaを使えば、発表している間、リアルタイムに参加者のリアクションが分かり、会場全体が盛り上がること間違いなしです。リアルタイムにデータの送受信を行えるMilkcocoaの利点を活用したサービスでした。

■Johnny-fiveとMilkcocoaで始めるIoTオジサン入門

発表者:篠原弘光氏(株式会社モンスター・ラボ)

篠原氏は、「一番簡単だったIoTのはじめ方」として、JavaScriptでマイコンを動かすことが出来るフレームワーク「Johnny-five」とMilkcocoaを使った方法を紹介。この方法で、Arduinoに繋がる人感センサーによって、メンバーが座席にいるかどうかをWebで確認できる仕組みを開発したそうです。

Johnny-fiveとMilkcocoaを使うことで、JavaScriptだけで書けるので、大変簡単だったので、IoT事始めにオススメとのことです。

■AngularJS×Milkcocoaでちょっとくらい社会貢献してみたい

発表者:森本新之助氏(面白法人カヤック)

森本氏からは聴覚障害者支援のひとつである「ノートテイク」を便利にするアプリの紹介です。ノートテイクとは、手話通訳の文字版のようなもので、声や音を、紙とペンやパソコンを使って文字に起こすことです。森本氏が大学時代にノートテイクの活動をしているとき、ネットワーク接続で大変苦労したそうです。

それをMilkcocoaを活用したアプリで、解決!ノートテイクはリアルタイム性を求められるので、ここでもMilkcocoaの強みを生かすことができます。技術の進歩が社会に貢献できることを実感できるLTでした。

■ハードウェアともっとMilkcocoaを近づける

発表者:わみ氏(名古屋在住学生)

IoT関連の勉強会に頻繁に顔を出し、精力的に活動するわみ氏からは、やはりIoTネタについてLTして頂きました。わみ氏はフリスクケースに入ったWi-Fiに繋がるハードウェア「Nefry」を開発。NefryをMilkcocoaと経由しネットワークに接続することで複数の端末にデータを送れたり、ローカルIPアドレスしかない端末でも外部から操作できたりします。IoT分野でMilkcocoaが大いに活用される可能性を感じるLTとなりました。

■MilkcocoaとArduino うまい!やすい!はやい!Lチカからの脱却劇

発表者:蔵下雅之氏(株式会社 ICS)

蔵下氏は自身のIoTの開発事例をお話した上で、IoTの始め方として、ArduinoとMilkcocoaをオススメしてくださいました。ArduinoとMilkcocoaを使う魅力は、まずはネットを通じて複数人でシェアでき、データを蓄積させることが出来るという機能面にあります。続いて価格です。Milkcocoaは基本無料で使えますし、ArduinoとWiFiモジュールもあわせて5,000円程度で手に入ります。さらに、ArduinoはRaspberry Pi に比べて環境構築も楽です。

蔵下氏は、LTを通してIoTの手軽さをシェアし、「Lチカだけではもったいない」とおっしゃっていました。

■オセロ2

発表者:田島真吾氏(面白法人カヤック)

田島氏からは、Milkcocoaを使ったゲームを紹介。こちらは今後リリースを検討しているということで、残念ながら情報公開NGでした。当日デモを行いましたが、大変盛り上がっていたので、今後の動向に注目です。

■parse.comが終了するのでもう個人サービスは中央集権型やめようと思った時のMilkcocoa

発表者:西小倉宏信氏(ラフノート株式会社代表)

西小倉氏からは、短時間の集中タイムを繰り返すことで仕事の生産性を向上させる“ポモドーロテクニック”をサポートするサービスを紹介いただきました。その名も245cloud(ニシコクラウド)。“24分間、自分の作業に集中したら5分間達成した人同士で交換日記ができるサービス”で、リアルタイム通信をMilkcocoaで実現しているそう。

もともとバックエンドサービスとしてParse.comを使っていましたが、サービス提供が終了。これを踏まえ、西小倉氏は、個人サービスのDB管理について言及していました。

■Milkcocoaなプラグインを開発する話

発表者:山本允葵氏

山本氏からは、Milkcocoaのライブラリを自作したお話をして頂きました。ひとつめは、簡単にRPGゲーム制作ができるゲーム制作用ソフト「RPGツクールMV」用のプラグインです。これによりマルチプレイができるようになります。ふたつめが、Unity用のMilkcocoa SDKで、Unityでチャットアプリを作れます。

LTの後半では、Milkcocoaの機能について解説。さすがはMilkcocoa Meetupに初回から参加している山本氏、開発者かと疑いたくなるほど、Milkcocoaに精通している山本氏のお話に参加者の多くが真剣に耳を傾けていました。

■PubNubとMilkcocoa

発表者:菅原のびすけ氏(株式会社LIG)

菅原氏からは、Milkcocoaのエバンジェリストでありながら、ライバルサービスであるPubNubについてのLTです。SDKや無料で利用できる機能、コミュニティなど複数の項目でPubNubと比較していきます。Milkcocoaに強みがある点もあれば、今後の課題となる点もありました。

菅原氏は、「まずはBaaSという選択肢を広めていくべき。Mikcocoaのコミュニティは、良いところも悪いところも言い合う場所を目指したい」と語っていました。

Milkcocoa Meetupとは

20160405_2

昨年から活発に活動をしているMilkcocoaのユーザーグループ。2,3ヶ月に1回、定期的な勉強会を開催しています。今回のようなLT大会だけでなく、ハッカソンやハンズオンなど、毎回様々な形式で開催。Milkcocoaは最近バズワードとなっているIoTのデバイスにも対応していることもあり、参加人数を増やし続けています。

▼コミュニティ主催者
株式会社ウフル:川野 洋平
Milkcocoaエバンジェリスト:菅原のびすけ氏

▼公式アカウント
ハッシュタグ:#milkcca 
Facebookグループ:https://www.facebook.com/groups/mlkcca/?fref=ts

▼Connpassグループ
Milkcocoa
今後も随時イベント情報を更新していきます。

▼これまでのMilkcocoa Meetup!のレポート
フロントエンドの知識だけでアイディアを形に!Milkcocoa勉強会レポ
女性エンジニア8名のアイディアが溢れる!Milkcocoaは初心者でもココまで出来る。
女性だらけのLT大会!ノンプログラマでもWebサービスが作れる”Milkcocoa”の勉強会レポート

21cafeの勉強会などのイベント情報はこちらをチェック!


最新情報はFacebook/Twitterをフォロー!


関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。