資料作成から発表まで、伝わりやすいプレゼンの秘訣を学ぶ勉強会!DevRel Meetup in Tokyo #7レポ

DevRel活動を行っている方やエヴァンジェリストとして活動されている方々が、知見を共有したり情報交換をする「DevRel Meetup in Tokyo #7」が21cafeで開催されました。彼らの活動のなかで「プレゼン能力」は非常に重要です。今回はそのプレゼンテーションのコツやテクニックを学ぶ勉強会となりました。

20160413_6

 

3名のDevrel活動者から学ぶ実践的プレゼンテクニックを公開!

今回の登壇者はこの三名。(左:前佛氏、中:中津川氏、右:横田氏)
それぞれのセッションをレポートします。

20150413_1

■プレ禅に学ぶスライドテクニック

発表者:中津川篤司氏(MOONGIFT)


中津川氏によると、プレゼン資料はあまり盛り込まずに、テーマを3点ほどに絞ったほうがより伝えやすいとのこと。「プレゼンは短く、テンポ良く、覚えやすく」をキーワードに、プレゼン資料作成時のテクニックを3つにまとめました。

「タイトルにこだわる」
プレゼン資料の中でもタイトルは書籍で言うと表紙に値するもので、非常に重要です。コツとして、サブタイトルをつけるとより内容が伝わりやすくなり印象がよくなります。

「ストーリー重視」
具体性を持った内容を盛り込み、時には聞き手によって相手に合わせて語ると聞き手の共感を得られます。特に聞き手の興味を引くのは”失敗談”。大事なのは聞き手との共通点であり、聞くことにより「わかる、わかる」と思ってもらうことが大事です。

「退屈させない」
まずは聞いてもらうためにインパクトを与えるような資料作成を心掛けることと、短いワードで簡潔に伝えることが重要です。ただ、海外でのプレゼンでビジュアルばかりの場合は理解するのが困難で、文字が多い方が理解度が高まったという経験もあるので、一概にビジュアルだけのが良いという訳でもなさそうです。

■どうしてプレゼン研究会を始めたのか

発表者:前佛雅人氏(エンジニアのためのプレゼン技術研究会主宰)

「エンジニアだからプレゼンが苦手」という考え方を払拭し、技術者だから伝えられる情報を個人として自分の言葉で発信していく必要性が出てきたと感じている前佛氏。とはいえ、だれもがすぐに上手く話すことができるわけではありません。やはり場数を踏むことが重要です。プレゼンは価値を伝えて行動を促すことがゴールだと説く前佛氏は、プレゼンの実践の場として、エンジニアのためのプレゼン技術研究会をスタートさせました。

前佛氏が大事だと主張したのは「結論をまず最初に伝えておく」こと。聞き手も、今日はこんな話なんだ、と事前に認識することで満足度の高い時間になります。また技術系スライドで特に気をつけている3点「目的の明確化」「適切な文脈」「適切な図解」について解説する際には(スライドP33を参照)、会場の参加者がスライドを撮影する音が多く響きました。

締めくくりに前佛氏はこう言います。
「コミュニティはそもそも仕事でも学会でもないので、もっと自由にやってよいのでは。本当にマサカリが飛んでくるわけではないので、失敗しても良いんです。どんどん発表をしましょう!勉強会は儀式ではなく、伝えたいことを伝える場です!」

次のページ:プレゼン初心者にありがちなアンチパターン

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。