サポートエンジニア、スタートアップ、SIer…様々な立場でDevRelを語る!DevRel勉強会レポ

■SIerのDevRel術

発表者:萩野 泰士氏

SIerという立場上、様々な制約がかかる場合があります。例えば、受託なので、NDAの絡みがあること、クラウドストレージ使えない、ソースコード公開できない、SNS使ってはいけない、など…。一方で、ベンダー依存しない、ユーザーサイドの業務知識があるなど、SIerならではの有利な点もあります。

自社サービスや自社製品を持たないSIerの場合、どのようなDevRel活動を行うのか。萩野氏のDevRel活動はイベント登壇やカンファレンスに参加するなどして「横のつながり」を広げること。SIerのDevRel活動は「会社の総合価値をアピールすることが有効」だと萩野氏は語ります。

コミュニティ「DevRel Meetup in Tokyo」とは

20160715_1

「DevRel meetup in Tokyo」ではDevRelの認知度向上やDevRelを行っている企業、グループのための情報共有を行っていくコミュニティです。会の冒頭には参加者の20秒自己紹介から始まるのもこの勉強会の特徴です。勉強会の後は交流会も開催していますので、エヴァンジェリストまたはアドボケイト同士で交流の輪を広げていきましょう。

▼主催者
MOONGIFT代表取締役 中津川篤司氏

▼公式アカウント
ハッシュタグ:#devreljp 
Connpassグループ:http://devrel.connpass.com/

▼これまでのDevRel Meetup in Tokyoのレポート
資料作成から発表まで、伝わりやすいプレゼンの秘訣を学ぶ勉強会!DevRel勉強会レポ
マイクロソフト社のビジネスを支えるDevRelの取り組みとは?DevRel勉強会レポ
エンジニアのコミュニティ運営の秘訣とは?DevRel勉強会レポ
エンジニアが取り組む新たなマーケティング手法「DevRel」!DevRel Meetupイベントレポ

今後も随時イベント情報を更新していきます。
21cafeの勉強会などのイベント情報はこちらをチェック!

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。

geechs

ChatBot

《1分で登録できる!》
Facebook Messengerを使って
最新記事を受け取れます。

利用する