【HTML5 Conference 2016レポート】人口知能にVR…あらゆる領域と重なり広がるWebの可能性

今月9月3日に、html5jが主催するHTML5 Conference 2016が 開催されました。「Web技術者の祭典」として発展し、単独主催としては5年目を迎えた今年も、多いに盛り上がりました。1500名を超える技術者で賑わった当日の様子を、geechsマガジン編集部がレポートします。

20160915_top

■ HTML5 Conferenceとは?
html5jが主催するWeb技術の最新情報やノウハウに触れることができる技術カンファレンス。 html5jとは、HTML5などのWeb技術を扱うクリエイターのコミュニティです。カンファレンスには、技術者だけでなく企業や団体も参加し、Webという共有の関心事を媒介に積極的な交流が図られています。

ここからは、当日おこなわれた30を超えるセッションの中から、geechsマガジン編集部が参加した一部を紹介させて頂きます。

ロボット屋さんで求められるWebエンジニアのちから

「Webエンジニアもガチでロボットやってみない?」と題し、 株式会社アールティ中川友紀子氏が登壇しました。中川氏は、秋葉原に拠点をおくロボット開発メーカーである同社の代表取締役。 「日本は、サービスロボット普及に関しては、世界より5年遅れている」と警告。今後の日本のロボット開発発展のため、Webの技術者もロボット開発の領域に参入することを期待していると訴えていました。

イギリスでは中学生にRaspberry Piを配布するなど既に人材育成に取り組んでいるそうです。これからWebエンジニアがハードの世界でも活躍し、それは大きな技術革新を後押しするのだろうと、可能性を感じるセッションでした。( 残念ながら資料などは公開されていないようです。)

20160915_nakagawa

結論「Webはコンポーネント指向になる!」から始まるTechfeedの作り方

「TechFeedのつくり方 – Angular2 / Webpack / Ionic2 / Cordova実践入門」では、 html5jの創設者でもある白石俊平氏が登壇。白石氏が代表を務める株式会社オープンウェブテクノロジーが提供する、テクノロジー情報特化のキュレーションサービスTechfeed開発の裏側について解説しました。

セッションのはじめに 「Webはコンポーネント指向になる!」と結論付けた上で、採用技術の紹介と、採用理由に加え、振り返りについても丁寧に紹介くださいました。それぞれの技術の特徴だけでなく、技術選定の際の考え方について学ぶことができるセッションでした。

20160915_sjhiraishi

http://www.slideshare.net/shumpei/techfeed-angular2webpackionic2cordova

Mozilla Japan浅井氏による最新Web技術動向を総ざらい!

Mozilla Japan浅井智也氏のセッション「Web 技術動向とブラウザベンダー戦略のこれから」は ぶっちゃけトークとともにハイスピードで展開しました 。まずは Mozilla Japanが開発するWebブラウザFirefoxの最新動向について紹介。Webエンジンが今後あらゆる製品に組み込まれるという潮流を背景に、法人サポートを開始したそうです。続いてブラウザを提供する各社のリリースノートを読みつくし動向を解説。

さまざまなトピックがありましたが、中でも会場が沸いたのは次世代ブラウザエンジンエンジン「Servo」のグラフィックス・サブシステム(WebRender)の動きの滑らかさを表すデモを披露した場面です。多方面に技術進歩のマップ図では、広がり続けるWebの可能性を実感しました。

20160915_asai

http://www.slideshare.net/dynamis/edge-web-technologies-and-browser-vendors

20160915_booth

▲スポンサーブースも、人だかりができるほどの盛り上がり。

さいごに

残念ながら全てのセッションに参加することはできませんでしたが、公式ページで資料が公開されていましたので、気になる方はご覧になってみてください!

公式ページはこちら

例年同様多くのWeb技術者が集まり、活気に満ちた様子がとても印象的でした。運営の方にお話をお聞きすると、「このカンファレンスはボランティアで運営されていますが、人手が足りずに困ることはないんです。」とのこと。「情報収集がしたい」「参加者と交流がしたい」Web技術者たちがそれぞれの想いをもちながらも、一様にWeb技術の発展を望んでいるのだと感じました。きっと来年も実施されるであろうHTML5 canference。その頃にはまた大きく進歩されているWebの未来が楽しみになるカンファレンスでした。

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。