フリーランスのメリットとデメリットって?エンジニアのリアルな声をまとめてみた。

多様な働き方がある現代において、特にITエンジニアにとっては、入社して数年が経つと「起業」「フリーランス」という選択肢を考えはじめる方も多いでしょう。
今回は、そんなエンジニアとしてのキャリアの一つとして、フリーランスという選択肢を考えられている方向けに、実際にフリーランスとして働く方々のブログから読み解いたフリーランスエンジニアのメリット・デメリットを探ります。

20151008_3

目次

 
■エンジニアがフリーランスになるメリットとは?
・フリーランスエンジニアのメリットまとめ
■エンジニアがフリーランスになるデメリットとは?
・フリーランスエンジニアのデメリットまとめ
■結局どっちがいいの?
■参照したフリーランスの体験談ブログ

エンジニアがフリーランスになるメリット

 
実際にフリーランスエンジニアになった方が感じるメリットは大きく4つあります。

メリット1.働く場所や時間が自由になる

場所や時間が自由になることで、可能になることはとても多いです。自分が集中できるのは、朝なのか夜なのか、もしくは静かな自室での作業か多少の騒音のあるカフェなのかなど、自分にとって最も良い環境で働けるようになります。
プライベートにおいても、混雑を避け、平日に観光地を訪れたり、長期の旅行へ行きやすかったりもします。ご家族がある方にとっては、平日でも家族の体調不良のときや大切な記念日に一緒に過ごせるのも嬉しい変化です。

メリット2.自分の価値基準でプロジェクトを選ぶことが出来る

個人の関心よりも企業の利益を優先させられる会社員と違い、報酬が低くても、自分にとって有益なプロジェクトへ参画することができます。広い分野で請け負うのか、専門的に領域を絞って請け負うのか、などスキル形成の方向性も自分で決定できます。実際にフリーランスで働いている方は、ポリシーや得手不得手、将来性など自分が大切にしたい軸を基準に仕事を選択しているようです。

メリット3.人間関係での悩みが減る

会社員なら少なからず意識する「社内営業」が必要なかったり、社内外問わず必ずしも苦手な人間と仕事をする必要がなかったりといった点に開放感を感じている人は多いようです。人間関係を維持するためだけに、乗り気でない飲み会に参加することも減るため、経済的な悩みも多少解消されます。またフリーランスになり時間の自由を得ることで、心の余裕を持てるようになり、周囲の人間との関係が良好になったという方もいます。

メリット4.お金を自分で管理し、収入を増やせる

収入源となる案件を選ぶ、支出となる経費をコントロールするなどお金に関して自分に決定権があります。定額給与の会社員であれば、欲しいものやしたいことがあるときに、生活費などを削らなくてはなりません。フリーランスは、その分収入を増やすという選択肢があります。また、やった分だけ収入を得られることで、労働対効果を高く感じ、充実感を得ることも出来ます。

フリーランスエンジニアのメリットまとめ

 
フリーランスという働き方で得られるものは、その名の通り”自由”ということにつきます。
時間の自由を得た結果として、心に余裕を持つことができるようになり人間関係や家庭環境のバランスなどがとれ、充実した生活ができているのだということがわかります。
また、特に自分自身のことをしっかりと管理する必要がありますが、他人のいう通りに生きるよりも、より主体的に自分の人生と向き合うことができるようになるためフリーランスという働き方に誇りを持たれている方が多いように感じました。
自由の中で自分を律することができる方にとってはいいことづくめな働き方となります。
 

20151008_1

エンジニアがフリーランスになるデメリット

 
続いて、デメリットをまとめると大きく3点上げられます。

デメリット1.仕事に関わる全てを自分でしなければならない

仕事を得るための営業や交渉から、入金してもらうための経理的な業務に至るまで、自分で行う必要があります。また、会社であればミーティングや会話を通して自然に入手出来ていた情報も、能動的に収集しなければなりません。技術について学習する環境も自ら求めなければ、与えられることはありません。

デメリット2.自分でモチベーションを管理しなくてはいけない

フリーランスは多くの自由が与えられるからこそ自制が必要です。時間の自由はありますが、だらだらと時間をかけていても成果がなければ収入はゼロになります。戒めてくれる第三者がいない環境に甘えると堕落はすぐそこ。また、フリーランスにとって仕事は与えられるのではなく、自ら選択するもの。常に「自分が何をしたいのか」向き合わなければ、ただの下請け業者になりがちで、本来求めていたフリーランス生活と乖離してしまうこともあります。

デメリット3.収入の不安定さ

多くのフリーランスの方が抱える不安が「来月の収入が分からない・・・」といった不安定さ。これは、生活に影響するだけでなく心理的にも大きな負荷がかかるもの。更に仕事をしていないと収入が途絶えてしまうので、大きな怪我や病気のときには大ピンチです。ただ、1社と雇用契約を結んでいる正社員よりも、複数の収入源を持つことが出来るフリーランスの方がむしろリスク分散されていると感じている方もいます。

フリーランスエンジニアのデメリットまとめ

 
メリットデメリットは表裏一体という所でしょうか。
全てを自分次第で選択していくことができる分、より自分と向き合わなければいけません。会社という組織の中では、ある程度各人の役割が決まっており、決められたこと以外は誰かが代わりに行ってくれますが、フリーランスだとそうはいきません。
また中長期的なキャリアをしっかりと考え、スキルを身につけていかないと仕事をいただけなくなってしまうのでは!という不安もあるようです。
そして、フリーランスを始める際は今まで会社がやっていてくれた国との手続きなどをする必要があり、キャリアチェンジ当初は戸惑うこともあるようです。
 
 

結局どちらがいいの?

 
上記にあったメリットを得たい方は会社員よりもフリーランスという選択肢を取る方がいいと考えます。
またデメリットが不安な方や、自分で全てできるかわからない方はフリーランスを支援しているサービスを有効活用することで解決ができます。
まずはしっかり会社員として自分の強みとなるスキルをつけ、支援サービスを有効活用しながらフリーランスという働き方をはじめ、そこで得た人脈やスキルを活かして独り立ちするステップを踏むのが最適なのではと感じました。
 
 

参照したフリーランスの体験談ブログ

 
■フリーランスとして独立して一年。苦労したこと、良かったこと
http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/6727
■フリーランスになって良かったこと〜メンタル編〜
http://iwashipon.hatenablog.com/entry/2015/07/01/101527
■子どもが生まれてフリーランスで良かったと実感
http://kanshin.hatenablog.com/entry/2015/06/28/192657
■【徹底比較】就職とフリーランス、どちらが「幸せ」になれる?フリーランスのメリット・デメリット
http://yumings01c.hatenablog.com/entry/2013/09/05/224806
■ITフリーランスで良かったなーと思える5つのメリット
http://laugh-raku.com/archives/7761
■正社員からフリーランスになり。違いについて思った事
http://cross-bench.com/blog/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/490/
■プログラマー・SEが正社員を辞めるべき2つの理由
http://mikumikuplay.com/it/programmers_should_quit_full_time/
■フリーランスになって一年経って
http://design-spice.com/2013/04/23/freelance2013/
■フリーランスのメリットとデメリット。大半は良いことだけど、2つの不安要素もあり。
http://swinginthinkin.com/column/freelance-keitaro-kitano/
■フリーランスエンジニアになって3年が経ちました
http://nocono.net/34
■「正社員のいない会社」の話。
http://blog.tinect.jp/?p=14008


最新情報はFacebook/Twitterをフォロー!


関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。