辞めたいと思うのはどんな時?エンジニアの転職理由ベスト5

日々の変化のスピードに対応しながら、毎日の業務をこなすエンジニアは実に過酷な職種。
そのため、より自分に合った仕事環境を見つけるため、今の会社を辞めて、転職を考えるエンジニアが多いのも事実です。
そこで今回は、エンジニアが今の仕事を辞めたいと思う転職理由ベスト5をご紹介したいと思います。
一体他のエンジニアはどのような理由で転職していくのでしょうか?

エンジニアの転職理由ベスト1:今の会社ではスキルアップが図れない

20151026_1

エンジニアの転職理由ベスト1はこれ!「今の会社ではスキルアップが図れない」です。
エンジニアにとって自身のスキルアップができるかは死活問題。
それなのに決められた仕事の範囲内でしか業務を担当させてもらえず、一向に自分のスキルアップが図れない場合などにエンジニアは会社を辞めたいと考えるようです。

「このまま将来この会社にいることを考えても、特にこれといって何も得られないと思った」
「既存のシステム構築ではなく、新しいシステム構築の実績を積みたいと上司に相談したが聞き入れてくれなかった」
「実績ある古いノウハウばかりを提案し、飽きる。会社にチャレンジする気質がないため、自分のスキルアップにも繋がらない」

などなど、特に大手や歴史ある企業であればあるほど、仕事がルーチン作業となってしまい不満が生まれる可能性もあるようです。

エンジニアの転職理由ベスト2:会社からの給与待遇が悪い

20151026_2

スキルアップに次いで多いのが給与待遇の問題。日々過酷な業務に取り組みながら常に新しい技術を学ぶエンジニアは他の職種に比べても変化に対応する高いスキルが求められます。
それなのに自身の仕事量と他を比べると、やはり割に合っていないと感じるエンジニアが多いようです。

「実績を出してもねぎらいとお世辞だけで具体的な評価に繋がってこない」
「技術の会社として働きながら、一般社員より給与が低いということが判明。さらにこれが改善される見込みもなかった」
「時給換算してみると300円以下。これだとさすがにモチベーションが沸かない」

などなど・・・このような環境から脱しようと、自分のスキルに見合った会社への転職を考えるのですね。

エンジニアの転職理由ベスト3:勤務時間、残業時間、休日数に不満

20151026_3

忙しいエンジニアにとって不満が出やすい点がやはりこの労働時間に関するもの。
「毎日終電と休日出勤が当たり前」といった職場もやはり今でも存在するのは事実です。

「毎日0時まで働くのは当たり前。しかも先輩の方がさらに忙しい様子を見てこの先が不安になった」
「他の技術の勉強をしようとしても毎日が忙しすぎて全くできない」
「休日出勤しても代休が取れず、その分の残業代も出ない」

といった多くの不満を抱えており、自分に合った働き方を見直すため、転職を考えるようです。

エンジニアの転職理由ベスト4:職場の人間関係が悪い

20151026_4

毎日の良い仕事は良い職場環境から生まれるもの。その働く環境が最悪な場合は、やはり働く側にとって辛いものがありますよね。
その中でも特に多いのが「人間関係」。嫌味な上司や偉そうな先輩など、気の合わない人との毎日の顔合わせは、職場にいる限り避けられません。
そのため、そんな最悪な環境から脱出すべく、今の会社を辞めることを考えるそう。

「こっちが忙しい時に隣を見たら上司はネットサーフィンをしていた」
「年功序列が顕著で上の者が絶対だという雰囲気が肌に合わなかった」
「抱えているプロジェクトで手がいっぱいなのに、いきなり他のプロジェクトに入れられたりと理不尽が多い」

などなど、人間関係の中でも特に上司との相性が合わないといったケースが多いようですね。

エンジニアの転職理由ベスト5:会社の将来性に疑問を感じた

20151026_5

会社の中で働いているからこそ、その会社の内情はよく分かるもの。
他の会社や業界と比べてみると、自分の会社の将来性に疑問が湧いてきた、というエンジニアが多いのも事実です。

「会社の赤字が大きいことと役員がどう見ても有能には見えなかった」
「今会社が新しく取り組んでいることにどうしても共感ができなかった」
「仕事自体は楽だったがあまりに単調すぎて退屈してしまった」

などなど、内部で働く人間だからこそ見えてくるものがあるのですね。

以上、「エンジニアが今の会社を辞めたいと思う転職理由ベスト5」をご紹介していきました。
他にも「他社からスカウトがあった」、「会社までのアクセスが悪い」、「会社が倒産した」などエンジニアの状況によっては様々な理由も。
会社を辞めてからは、そのままフリーランスになったりするエンジニアもいて、いずれにしても自身の将来をしっかりと見据えた場合、会社を辞めることを考えるのも、前向きな一歩なのかもしれません。

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。