エンジニアを取り巻くいまどきの婚活事情をまとめてみた。

エンジニアの職場は、男性比率が高いというのが特徴の一つ。そのため「なかなか出会いのチャンスがない・・・」と悩んでいる男性エンジニアも少なくないのでは?以前は、「エンジニアと言えば3K(キツイ、帰れない、給料が安い)」などとも言われていましたが、それも過去の話。ITエンジニアの需要が高まるにつれ最近では、職場環境も改善され、エンジニアにとっても働きやすい環境に。さらに給与条件も向上傾向にあるようです。

そんなワークライフバランスの向上と共に、最近のエンジニアはどのようにして婚活に取り組んでいるのでしょうか。そこで今回は、いまどきのエンジニアが取り組む婚活事情について、ご紹介したいと思います。

エンジニアの婚活事情:婚活関連のイベント参加

エンジニアの婚活への取り組み方として人気なのが「婚活イベント」。一口に婚活イベントと言っても、現在は様々な種類のものが開催されています。自分に合ったイベントを探して参加すると良さそうです。

■少人数で仲を深める「婚活パーティ」

20150107_1

男女が8人~20人ほどで集まり、パーティ会場で食事をしながら親睦を深めるのが一般的な婚活パーティの形式。人数が少ないため、顔と名前をしっかりと覚えながら仲を深めていくことができます。しかし、その分相手としっかり話をし、場を盛り上げ、自分をアピールするなど、コミュニケーション能力も必要です。事前に婚活パーティ専用のサービスを活用してプロフィールを登録しておくことで、話が噛み合わない、話題に付いていけない・・・などの苦労も解消することができます。

■町興しとしても盛り上がっている「街コン」

20150107_2

街コンは婚活パーティとは異なり、参加人数が100人以上などと規模が大きいものです。また同性2人以上がペアで参加し、男女それぞれがペアとなり交流を深めていくことも大きな特徴となっています。このペア制度によって普段はじめての人と話すのが緊張する人でも、会話のハードルを下げることができるため、近年とても人気です。最近では、地域振興を目的としている街コンも増えてきており、ある地域の飲食店を複数店舗周りながら、様々な女性ペアと親睦を深めていきます。

※エンジニアならではの婚活イベントも!

婚活イベントは、ある程度社会人経験がある女性が多く参加しているのも特徴の一つ。そのため、普段女性にとって馴染みが薄い「エンジニア」という職種も、参加女性の社会人暦が長いことで理解を示してもらえやすいようです。
最近では「エンジニアコン」と言われる「男性はエンジニア職限定、女性は社会人限定」という婚活イベントの開催も!さらには「Webエンジニアコン」など、より職種が限定されたものもあり、エンジニア職だからこそできる取り組みもますます増えてきています。婚活イベントはどんなものがあるか、主要な婚活イベントはインターネットからの検索できるものばかりです。

―主要な婚活イベント検索サイト―
・街コンジャパン
https://machicon.jp/category/area/a-kantou/p-tokyo
・街コンまとめ
http://machicom-matome.com
・PARTY PARTY
http://www.partyparty.jp
・婚活・お見合いパーティーカレンダー 「オミカレ」
http://party-calendar.net

エンジニアの婚活事情:人から紹介してもらう

いまどきのエンジニアの婚活への取り組みとして「人からの紹介」も。人と言っても、友人知人から紹介してもらうケースだけではなく、今では結婚相談所のような有料での紹介も一般的になってきています。

■やっぱり安心感がある、友人知人からの紹介

20150107_3

自分の友人や知人にお願いして女性を紹介してもらう方法は、知っている人からの紹介ということもあって、ある程度相手の前評判が分かるというメリットがあります。しかし「エンジニア」という職業が女性にとって馴染みが薄く説明しづらいという点があるので、理解をしやすい自己紹介などを考えると良さそうです。

■本気で結婚を考えるなら、結婚相談所などの有料サービスでの紹介

20150107_4

結婚相談所などの有料のサービスを使って結婚相手に相応しい相手を紹介してもらう方法です。自身のプロフィールを予め登録しておくことで、結婚相談所が抱える膨大な女性会員から、自分の趣味や嗜好と合った人を紹介してもらうことができます。はじめから結婚を意識して登録している女性が多いため、お互いの話が進めやすいメリットがある反面、結婚相談所によっては会費の割増請求などの詐欺が発生して
いるケースもあります。しかし、総合的には登録会員数は毎年増え続けており、本気でお相手を探す場合に、とても有効なサービスと言えます。

※エンジニアならではメリットも!
「人から紹介」という方法も、エンジニアならではのメリットがあることは忘れてはなりません。普段男性が多い職場で働くという点で、浮気などの心配が少なくなるため、安定した結婚を望む女性には大きなメリットとなります。また、IT関連に疎いという女性は多いので、エンジニアの持つスキルが頼りになると、魅力に感じる女性もいます。人から紹介してもらうことで、こうした魅力的な点を第三者から女性に伝えることができます。

―主要な結婚相談所サイト―
・オーネット
http://onet.rakuten.co.jp/lp/index_bgw_l.html
・ツヴァイ
http://www.zwei.com

エンジニアの婚活への取り組み事情:ブログで情報収集

20150107_5

普段からインターネットを活用するエンジニア、似たような境遇の人からの情報収集は最も取り組みやすい婚活。現役でバリバリ働くエンジニアが運営する婚活ブログもエンジニアの婚活としては有効なようです。

■アラサーエンジニアの婚活ブログ

http://alexei-karamazov2.hatenadiary.jp
草食系ITエンジニアによる婚活ブログ。お見合いをした女性との印象やどういう婚活だったのかなど、数多くのイベントに参加しながら、その当時の出来事をブログにしています。閲覧数も多く、アラサーエンジニアという点でもギークスマガジンの読者とも馴染みやすいブログとなっています。

■32歳エンジニアの婚活ブログ

http://ameblo.jp/konkatsu-blogger/
32歳エンジニアによる婚活ブログ。エンジニアらしくシステマチックに婚活を攻略しようとする内容は、エンジニアなら共感できるかもしれません。

■SEセイジのネット恋活・婚活ブログ

http://konkatu-blog.com
大阪在住のシステムエンジニアセイジによる婚活ブログ。Web上に広がる様々な婚活サイトなどの口コミや結婚相談所の紹介、自身の体験談
を記事にしており、参考になります。

以上、今どきのエンジニアを取り巻く婚活への取り組み事情を紹介していきました。今回ご紹介した中でも婚活イベントなどははじめの人でも取り組みやすいもの。まずはエンジニアという職業を活かして、積極的に参加してみてはいかがでしょうか。

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。