Trello・Backlogだけじゃない!一度使ってみたいタスク管理ツール5選

チームのタスク管理を行う際にどんなツールを利用されていますか? TrelloやBacklog、Redmineなど、便利なタスク管理ツールをお使いの方多いのではないでしょうか。

一口にタスク管理ツールと言ってもいろいろなツールがあります。試してみたいけど、新しいツールの導入は簡単にできないもの。そこで今回は、皆さん代わり筆者が、いろいろな特徴を持ったタスク管理ツールをご紹介します。

エンジニア視点で選ぶタスク管理ツール5選

asana(アサーナ)

 

20160427_1.1

asanaは、アメリカのasana社が開発した、豊富な連携機能が魅力のタスク管理ツールです。

| 特徴

・APIが公開されており、GitHubとasanaを連携させるためのUnitoや登録したタスクからガントチャートを作成するInstaganttなど豊富な連携機能が提供されている。
・Conversation機能によって情報共有ツールとしても利用できる。
・カレンダーも用意されており、タスクの期限などがカレンダー上で把握しやすい。
・ファイルのアップロードも可能で、Conversationと組み合わせたりTaskの添付資料として活用することができる。

asanaは様々なサービス連携機能が提供されているため、使い方に合わせてカスタマイズしていくことが可能です。Zapierなどとも連携可能。すでにZapierを利用して様々なサービス連携を行っている場合は、より便利に使えます。
また情報共有のためのConversation機能やカレンダー機能、ファイルアップロード機能が最初から用意されており、非常に多機能なタスク管理ツールです。

▼こんな方におすすめ
・多くのサービスを利用中で、それぞれのサービスをタスク管理ツールと連携させたい方
・タスク管理ツール上で情報共有も行いたい方
・カレンダーへのメモなどでタスク管理を行うことが多い方
・チーム内へのファイル共有や、タスクに対してファイルをアップロードすることが多い方

 

MeisterTask(マイスタータスク)

 

20160427_1.2

MeisterTaskは、マインドマップツールである「MindMeister」を開発しているMeisterLab社が2015年にリリースしたタスク管理ツールです。

| 特徴

・リストは「Open」「In Progress」「Done」の3つが最初に用意されており、拡張の自由度が高い。
・連携可能なサービスはBitBucket、GitHub、Office 365、Slack、Zendesk(Bitbucket、GitHubとの連携はタスク完了のみ。)
・TimeTracking機能でタスクの処理時間を計測可能。
・Googleアカウントでログイン可能。
・他社のタスク管理ツールであるTrello、Asanaからタスクをインポート可能。

MeisterTaskはMindMeisterやSlackとの機能連携に優れており、タスクの作成、連携を速やかに行えます。その反面、BitbucketやGitHubとの連携についてはタスク完了のみとなっており、こちらを主に利用してタスクを追加している方にとっては少し不便に感じるかもしれません。

スマートフォンアプリはAndroid、iOSともに対応していますが、iOS版はAppleWatchにも対応しており、通知に対してスムーズに返信を行えるのが特徴です。

▼こんな方におすすめ
・チームのコミュニケーションを主にSlackで行っているチームに所属している方
・タスクリストを元に作業時間の計測を行いたい方
・MindMeisterで作成したマインドマップと連携したタスクリストを作成したい方
・AppleWatchでも通知を受けたい方

 

ZenHub(ゼンハブ)

 

20160427_1.3

ZenHubは、カナダのAxionZen社が開発している、ブラウザの拡張機能としてGitHubのUIにプロジェクト管理機能を追加するツールです。

| 特徴

・FireFoxまたはGoogleChromeの拡張機能として配布されている。
・GithubのUIを拡張しているため、拡張機能をダウンロードすればGitHubにアクセスするだけで利用可能。
・Boardでタスク管理のほか、TODO管理、バーンダウンチャートも利用可能。

ZenHubはGitHubに限定して機能が提供されるため、GitHubをチーム全体で利用してISSUEによるタスク管理を行っているチームが導入することで、既存のISSUEをそのままタスクとして管理することができます。

また新しいツールを導入するよりも少ないコストでタスク管理ツールを導入することが出来ます。

▼こんな方におすすめ
・GitHubでISSUEによってタスクを作成している方
・エンジニアだけのチームで開発タスクをGitHubだけで管理したい方
・GitHub上でマイルストーンを作成しバーンダウンチャートを利用したい方

 

KanbanFlow(カンバンフロー)

 

20160427_1.4

KanbanFlowは、スウェーデンのCodeKickAB社が開発している、シンプルなタスク管理ツールです。

| 特徴

・非常にシンプルなUIで、操作に悩まずにタスク管理が可能。
・ポモドーロ・テクニックをサポートしており、ポモドーロタイマー機能が利用可能。
・タイマーで計測した結果をグラフとして表示することで振り返りが可能。

KanbanFlowは、タスク管理に集中できるシンプルなUIを実現しているため、ある程度大きな規模のチームでも違和感なく導入できるツールです。ポモドーロタイマー機能と集計機能により、個人の生産性向上にも非常に有効なツールとなっています。

▼こんな方におすすめ
・GitHubなどを利用していない方
・まずはタスクだけを管理したい方
・ポモドーロ・テクニックによる作業管理を日常的に実行している方

 

Waffle(ワッフル)

 

20160427_1.5

Waffleは、アメリカのRally社(現在はCA Technologiesに買収)が開発したタスク管理ツールです。WaffleもGitHubのISSUEをカンバンのように表示してタスク管理を行います。

| 特徴

・シンプルなUIでISSUEを管理可能。
・ISSUEと直接連動しているため、他サービスとして別で管理しているものとは異なり、ISSUE側だけ、あるいはタスク管理ツール側だけ更新してしまう事態を避けられる。
・Closeした件数と、タスクに紐付いたラベルのメトリクスを確認可能。

WaffleはシンプルなUIでGitHub ISSUEの管理が非常にしやすいツールです。ZenHubと同様にGitHub ISSUEでのタスク管理をサポートしてくれますが、ZenHubよりも機能は少ない分よりシンプルな使い勝手を感じます。

▼こんな方におすすめ
・GitHubでISSUEによってタスクを作成している方
・かんばん方式のタスク管理をまずは導入してみたいとお考えの方
・複数のサービスだとタスクの更新忘れなどが心配な方

 

おわりに

シンプルなものから機能が豊富なものまで、様々なタスク管理ツールがあります。タスク管理ツールは、日々のタスク管理からプロジェクトの進行管理、個人やチームの作業効率の測定・改善まで、幅広く役立てることが出来ます。

今回紹介したもの以外にもたくさんのツールがあります。皆さんの仕事のスタイルに合ったツールを使いこなして、個人でもチームでも開発の効率化をしていきましょう。


最新情報はFacebook/Twitterをフォロー!


この記事を書いた人:銀シャリ(丁稚)

sasaki

2005年に未経験新卒として中小SIerに入社。以降Java、PHP、Railsなど言語にとらわれずにWebアプリケーション開発に従事。勉強会の開催などに勢力を注ぎつつ、エンジニアとして都内近郊を放浪中。Twitter: @deadcheat Facebook: great.osushinity

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。