なぜ6月に祝日がない!?エンジニア的には6月だって記念すべき日はある!

その日が近づくと、誰でもワクワクするのが“祝日”。「毎月、今月はいつだろう? 」と祝日を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか。 しかし、そんな私たちの楽しみとも言える「祝日」がない月が一年にひとつだけあるの です。そう、それが「6月」です。

6月は、祝日が全くない・・・!?

20160525_1

夏直前の、あの梅雨のジメジメが苦しい月。そんな6月にかぎって、祝日がひとつもないのです。 2015年までは6月と8月が祝日のない月でしたが、2014年に国民の祝日に関する法律が改正され、2016年より8月11日は「山の日」として新たに祝日がスタート しました。 そのため、現在では1月~12月の間で祝日がないのは6月だけとなりました。

では、そもそも祝日とは一体何のためにあるのでしょうか?「国民の祝日に関する法律」では、このように明記されています。

第1条
自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は 記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。

なるほど。つまり、国民の祝日は、それぞれ何かを祝ったり、感謝して1日を過ごすための日であるということなのですね。 しかし、それにしても6月には何もないのが残念です…。

6月に祝日がない理由とは?

20160525_2

では、なぜ6月だけ何も祝日がないのでしょうか。 実は、8月の「山の日」ができた理由も様々な憶測が噂されており、「これ以上休日が増えると、学生たちの授業が消化できない・・・!」ということから、学生たちが夏休み中である8月が選ばれたであるとか、「6月は山に登るにはまだ早い」とか「8月にするとお盆前の長期休暇が取りやすい」など実に様々な理由が。

そして、残った6月も「特に記念すべきことがないから」といった理由で現在も祝日がない状況になっているようなので、確固たる理由があるわけではなさそうです。 そのため、あまり期待せず待っていると、いつか6月にも祝日ができるかもしれません。

次のページ:勝手に6月の記念日を探してみよう!

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。