2016年上半期総決算!注目のIT関連ニュース5選!

6月に入り、早くも2016年上半期が終わろうとしています。様々なニュースがあった上半期でしたが、IT業界においても数々のニュースがありました。

今回は上半期のIT関連ニュースを振り返っていきましょう。そこから2016年のIT業界の動向が見えてくるかもしれません。

2016年上半期話題になったIT関連キーワード

20160603_1

■特に注目は「VR」…ゲーム業界から新しい分野へ拡大

 
2015年から継続してIoT、VR、人工知能、フィンテックが注目されました。その中でもスマートフォン向けソーシャルゲームなどが人気を集める中で、VRへの注目が著しいものでした。3月にはソニー株式会社からVRヘッドセットについての発表されるなど、技術の実用化が進んでます。他社も含め、ゲーム業界ではますますVR活用への期待が高まりそうです。

またFacebook社も20億ドルでOculus VR社を買収し、教育やエンタテイメントなど新しい分野への意欲を見せ、VRのゲームの世界以外の可能性を見出し始めています。
我々の生活に当たり前になるのも、そう遠い未来ではないかもしれません。

2016年上半期のITニュースを振り返ろう

上記で述べたキーワードに関するニュース以外にも、様々なことがありました。その中でも5つの話題になったニュースを取り上げたいと思います。

  1.  1. 長年痛苦グーグル vs オラクルのJava訴訟にグーグル勝訴
  2.  2. twitter文字数制限140字から1万字へ拡張か
  3.  3. 楽天がドローン配送「そら楽」開始
  4.  4. プログラミング言語「F#」、ドキュメントがオープンソースに
  5.  5. 人工知能搭載の新製品”Google Home”年内発売へ


■長年続いたグーグル vs オラクルのJava訴訟にグーグル勝訴

20160603_2

AndroidにおけるJava APIの使用が特許と著作権を侵害しているとして、Oracleが2010年に、Googleを提訴したことが発端で、続いてきた戦いです。Googleが勝訴しましたが、Oracleは控訴を予定しております。まだまだ戦いは続きそうです。

しかし、これを発端に近い将来GoogleがAndroidにおけるJavaの採用をやめる可能性があります。その場合、次に採用される可能性の高い言語がSwiftではないかと言われています。この抗争の結果次第では、スマートフォン業界に大きな激震が走るかもしれません。

■Twitter文字数制限140字から1万字へ拡張か

20160603_6

Twitterは2016年第1四半期の間に、ツイートの文字数制限の拡張を予定しているとのこと。これに対し、CEOのジャック・ドーシー氏は肯定的な内容のツイートを投稿しました。本来160文字制限であるSMS意識し、140文字の制限を設定。しかし昨今では、長文を投稿するためにテキストをスクリーンショットし、投稿するユーザーも多いことから、拡張を検討しているようです。

結果としては、140字制限をより活かすための新たなルールが4つ追加されました。これまでツイートしたい内容とは別の部分で、リプライ時のアカウント名やリンクの文字も、文字数としてカウントされていましたが、一部カウントしないようになったり、自身のツイートをリツイートすることが可能になりました。

本来のツイッターの機能を大きく変化することなく、ユーザーの利用満足度をより高める結果となったのではないでしょうか。

次のページ: 楽天がドローン配送「そら楽」開始

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。