「システムを作らない」のが正解のケースもある!? 5分で分かる!要件定義の「やってはいけない」5か条

システム開発の第一歩となる要件定義は、その後の開発の進め方に影響を与える重要なフェーズ。ここでは、そんな要件定義フェーズにおいて「やってはいけない」事例をいくつかご紹介します。これを覚えておくだけで、あなたの要件定義スキルがグッとレベルアップすること間違いなし!

そもそも要件定義って何?

img1

要件定義とは、「利用者はそのシステムで何を実現したいのか」という情報を元に、実装しなければならない機能や、達成しなければならない性能などを明確にしていく工程のこと。まとめられた成果は「要件定義書」として文書化されることが多いです。

要件定義のフェーズで、定義の誤りや検討漏れなどが発生した場合、それは後の設計・実装フェーズにまで影響を与えてしまいます。そのため、他のフェーズと比較しても、要件定義というフェーズの重要性は特に際立っているのです。それでは、そんな要件定義を上手に行うためのコツはどのようなところにあるのでしょうか?一緒に見ていきましょう。(※)

※要件定義と言っても、例えばゲーム開発と業務アプリケーションの開発では、注意すべき点も対象とすべき利用者も異なっています。そのためここでは、「ある顧客の業務フローの一部にシステムを導入する」というケースを想定し、解説していきます。

第1条. 「思いこみ」で考えをまとめてはいけない

Startup Stock Photos

「顧客はきっとこういうものを求めているのだろう」
「だからこそ、こんなシステムを作ろう」

一見すると、正しいアプローチのようにも思える考え方。ですが、こうした方法で要件を決めてしまうと、多くの場合、それは顧客にとって無価値なシステムを作り出す原因となってしまいます。システムによって、顧客は何をどのように変えたいと思っているのか。それを理解することなく、解決策を提示するようなことは絶対に避けなければいけません。

すでに仕様の固まっている要件を、単にシステム化することを求めているケース。特定の問題があり、それを解決するための方法を求めているケース。問題そのものの発見を求めているケースなど、解決すべき課題はその案件ごとに異なっています。顧客の求めているものはシステムではなく、「抱えている課題への解決策」です。それを履き違え、本来は「手段」であるはずのシステム開発を「目的」にしてはいけません。

第2条. そもそも、「システムを作らない」のが正解のケースもある

img3

 
「ITを導入するのは良いことである」という考え方が、現代においては主流になりつつあります。ですが、何かの業務をシステム化するということには、当然ながらデメリットもあるもの。しかしそのデメリットをきちんと加味し、なおかつ「メリットの方が大きい」という答えを出せるケースでなければ、そもそもシステムを作るべきではありません。

デメリットとして挙げられるものとして、たとえば「既存の業務フローを大きく変える必要がある」ということがあります。システムを導入する際には、それを使うことになる人たちに教育を施し、場合によっては取引先の企業にも協力してもらいながら、作業を進めていくことになります。当然ながら、それにかかる工数は膨大ですし、導入の作業が必ずしも上手くいくとは限りません。

加えて、システム開発にはたくさんのお金と時間がかかります。そのため、普段ほとんど使われないような業務フローをシステム化したとしても、「コストばかりかさんで、結局は何も得るものが無かった」という結果になってしまいがちなのです。

第3条. 顧客の「事業目標」を理解せず、要件を決めてはいけない

Startup Stock Photos

要求の獲得を行うよりも前に、そもそも顧客が持っている経営理念や事業目的をしっかりと理解しておくことが大事です。

例えば、顧客は「どれだけコストがかかってもいいから、同業他社のどの企業よりも立派なシステムを導入し、業界をリードしたい」と考えているのに、システムを提案する側が「ある程度の予算に収まるように、リーズナブルに作ろう」と意図して要件を決めてしまうと、後々に混乱が起こるのは明らかです。顧客にとって、システムはあくまで事業を実現するためにあるもの。その目標を理解することなく、正しい要件を決めることはできません。

次のページ:要件定義を成功させるためには

 

この記事を書いた人:ぞの

img_zono

Webアプリケーションエンジニアとして様々な現場に参画し、多種多様な言語を習得。エンジニアとしての強みは汎用性の高さと、メンバーとコミュニケーションを取り合いながら円滑に案件を進められること。趣味は音楽と将棋。Ruby愛好家。Twitter : @zono1009

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。