いまさら聞けない!情報デザインってなに?

デジタル領域における様々なデバイスや技術の発展が著しい昨今。それに付随して私達が目にする情報は多岐にわたり、これまで以上にデザイン活動や情報処理活動が重要視されるようになります。そこでデザインや情報処理などを融合した新しい力が発揮される技能として「情報デザイン」が注目を浴びています。

しかし、「情報デザイン」だけ聞いても、いまいちイメージが難しいと思います。そこで今回は、ビジネスにも役立つ「情報デザイン」の基礎的な考え方について、ご紹介したいと思います。

「情報デザイン」って一体何?

1

情報デザインの定義については以下のように2つの機関が定義づけています。

→ 情報デザイン国際研究所(IIID)
”情報デザインとは、メッセージの内容とメッセージが提示される環境を明確化し、構想し、具体化することで、ユーザーの要求に見合った目的の達成を目指す”

→ 情報デザイン研究所(IDA)
”グラフィックデザイン、ライティング、編集、イラスト、ヒューマンファクターなどのスキルが結びついた横断的な手法”

つまり情報デザインとは、様々に散らばった情報を目的に応じて収集、分析、再構築を行い、相手にとってわかりやすい表現に変換することです。

インターネットの普及とともに、大量の情報を簡単に収集できるようになりました。しかし本当に必要な情報を見つけることや、まとめることは難しくなってしまっています。そこで、情報を整理して相手が理解しやすいように表現する、「情報デザイン」の考え方が求められているのです。

情報デザインを取り入れるメリット

2

情報デザインを取り入れることで、以下のようなメリットがあげられます。

・相手目線の情報のため、コミュニケーションロスが減る
・相手向けの情報は、より相手に関心を持ってもらいやすい
・情報を整理する過程で、その情報の本質や改善点などが見えてくる
・整理された情報を受け取った場合は、受け取った後のアイディアの発展も行われやすい

複雑な情報を正確の相手にとって分かりやすく伝える情報デザインは、閲覧者が情報を取捨選択していく現代において、より多くの方に目にしてもらう戦術でもあるといえます。単に受けてに見やすいだけでなく、信頼や安心感をもってもらえるのも、情報デザインを取り入れるメリットです。

次のページ:
すぐに使える「情報デザイン」の考え方とは

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。