クリスマスまであと3ヶ月!忙しいITエンジニアが恋人候補に出会うには。

仕事は楽しいけど、プライベートも充実させたい。一緒に過ごすパートナー、つまり恋人がいてくれたら…。なんて考えますが、「出会いが少ない」「忙しい」という理由で、 社会人になると恋人を作る難易度はさらに上がってしまいます。さらにITエンジニアという職種は、多くの女性にとって仕事内容がイメージしづらく縁遠くなりがち。

しかし、 そんな中でも自分に合うパートナーを見つけ、仕事もプライベートも充実させている人もいます。そこに仲間入りするには、まず恋愛をする相手に出会うことからはじめなくてはいけませんが、実は恋愛の中でも特に難しいポイント。

今回は恋愛をする相手と出会うための方法をお伝えします。これは書物やインターネットでの調査、成功者へのヒアリング(つまり恋愛相談)を繰り返し得た情報から導き出したものです。効果を保証するものではありませんが、ぜひ最後までお付き合いください。

20160928_1_2

まずはターゲット選定

忙しい中で目標を達成する(恋人を作る)には、効率的に動く必要があります。そのためにターゲット選定が大事なのです。控えめで内気な女の子がタイプなのに、出会いの数を稼ごうとクラブに行っても、マッチングする女性と出会える可能性は低いでしょう。

■ コツは彼女ができたら後のことをイメージすること

ターゲット選定と聞き、“ 好きなタイプ ”を思い浮かべてしまうのはオススメしません。今回は恋人を作るための話をしますが、本当のスタートは彼女ができてから。そのあとの二人で過ごす時間が大切なのです。

例えば、筆者の好きなタイプが「儚げで守ってあげたくなるような女の子」ですが、実際に守っていく力量があるかというと自信はないですし、たまには自分も相手を頼って相談したい。となると、好きなタイプと仮にお付き合いできたとしても、その後の二人の時間が充実したものになるかというと不安です。

こうしたギャップを生まないために、お付き合いできた後のことをイメージしながら、ターゲット選定を行なうと良いようです。確かに、恋人がいる人から「好みのタイプと実際に付き合う人は違う」とよく聞く気がします。

さらに、絶対に譲れない具体的な条件を3つ決めてみるとよいです。「もっといい人がいるのでは」「悪い人じゃないけど・・・」と判断ができないときは多くあります。そのときの明確な判断軸になりますし、なんとなくの理由で対象者を狭めてしまうことを防ぐことができます。

次のページ:
どうすれは出会えるの?!

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。