LINEをビジネスプラットフォーム化させる「Official Web App」で出来ること

2016年3月24日、LINE株式会社は「Official Web App」という新たなサービスを発表。現在、その提供に向けて準備が進められています。そこで今回は、そもそもOfficial Web Appって何? メリットは? といった疑問にお応えすべく、解説を行います。

LINEが提供する「Official Web App」って何?

Official Web Appとは、企業がLINE上にアカウントを開設し、それを中心として自社Webページへのアクセス向上、商品・サービス購入への誘導、購入語のリピート促進につなげられるシステムのことです。

こう聞くと「LINE公式アカウントのことでは?」「LINE@とは何が違うの?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。LINE公式アカウントやLINE@ができるのは、基本的に宣伝やユーザーとのメッセージのやり取りのみです。しかし、Official Web Appであれば、LINEを導線として自社のWebサービスをユーザーにより多く使ってもらえる可能性が高まるのです。

Official Web Appのメリットとは?

Official Web Appのメリットは大きく分けて3つ。「ユーザーとのやり取りがより自然に行えるようになる」「利用コストの低減が可能」「ユーザーの利用頻度向上」です。以下で詳しく見ていきます。

■ID連携と友達追加でより自然なメッセージ送信フローを構築

 

20160929_1

Official Web Appには、PROFILE+とオートログインという機能があります。これにより、ユーザーと企業アカウントはより自然な流れでメッセージのやり取りができるようになります。

これまで、企業アカウントがユーザーにメッセージを送信するためには「友達に追加」を行ってもらい、その後IDを連携させなければなりませんでした。しかし、ユーザーにとってこれは“手間”であり、障壁であったことは否めません。Official Web Appは、こうしたハードルを取り除く仕組みとなっています。

– PROFILE+
PROFILE+とは、個人情報の入力支援ツールです。サービスの登録時や商品の購入時には、LINE上ですでに登録されている情報が補完されるので、ユーザーが感じる入力のストレスが軽減されます。

– オートログイン
LINEを経由してWebサービスを利用する場合に、LINE IDで自動ログインが行われるシステムです。会員情報とLINE IDが紐付けられるため、2回目以降のログインがスムーズに行えます。

■API使用料金が月額2万円から可能に

 

20160929_2

LINEは企業アカウントに対し、月額2万円からのプランを提供するとしています。これまで、ユーザーに個別メッセージを送る場合は最低でも月額50万円のコストが必要でした。

費用面から導入をためらっていた中小企業や飲食店なども、気軽に利用できるようになると予想されます。また、単に安くなっただけでなく、新機能のビジネスコネクトによって、より簡便にユーザーとのコミュニケーションが取れるようになります。

-ビジネスコネクト
ユーザーが商品を購入したり予約を入れたりすると、予約完了通知や前日のリマンインドといった個別メッセージをAPIで企業が送れるようになるサービスです。ユーザーにとっては、さまざまなメッセージをLINE上で確認できるようになります。

次のページ:
LINEがユーザーにとって欠かせないインフラになる

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。