GitHubに新機能!「Project」でプロジェクト管理ツールを内蔵へ

2016年9月14日に行われた「GitHub Universe」。ここでは、GitHubのさまざまな新機能が発表されました。中でも話題になったのが「project」機能です。これは、GitHubレポジトリの作業ディレクトリ管理機能なのですが、具体的にはどのようなことができるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

「Project」機能ができること

20161007_1

「Project」のもっとも大きな特徴は「カンバン」と呼ばれる機能です。ユーザーはそこにカラムを作成し、カードを配置・移動することでプロジェクト管理を行って行きます。利用の仕方次第では、ワークフローと進捗を的確に把握し、効率的に作業をマネジメントできるようになるでしょう。

また、「Project」においては、GitHub特有の機能であるissuePull Requestに紐付けられる、という点も魅力です。他のサービスを利用すればこれと同じことはできたのですが、GitHub内でこの作業が完結できる、という点はかなり大きなメリットでしょう。以下で、その主な機能について見ていきましょう。

■シンプルかつベストなカンバン機能

 

20161007_2

まずは基本的なことですが、「project」におけるカンバンには、複数のカラムが設定できソートが可能です。さらに、カードをマージできて移動についてはドラッグ&ドロップで手軽に行えます。

このあたりの機能は、いわゆるカンバン機能付きのサービスであればほとんどが対応していました。しかし、今回のポイントはそれが「GitHubで可能!」という点にあります。Issueのカンバン化としては「Waffle.io」や「ZenHub」、「Huboard」などが有名ですが、こうしたツールにもう頼る必要はありません。

■ワークフローごとのカラム作成でプロジェクト管理が簡単に!

 

20161007_3

たとえば、以下のようなワークフローごとのカラムを作成することで、プロジェクト管理が行えます。作業内容の例も挙げながら解説してみましょう。

– Backlog
ストーリーやタスクなどが配されたカードを並べておいておきます。

– Ready
会議などで必要なタスク等を洗い出し、現在のスプリントの段階で実行すべきものが出揃ったら該当のカードを「Backlog」から移動させます。

– In Progress
「Ready」の中からカードを取りだし、「In Progress」へ移動。作業を行います。

– Needs Review
実装完了後、PRへ提出。このタイミングで「Needs Review」にカードを移動させてて待機させます。

– Done
PRでマージされたカードを移動し、完了とします。

次のページ:
IssueやPull Requesをカラムへマージできる機能

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。