IoTやるなら知っておこう!ハードウェアの守護神エンベデッドシステムとは

ここ数年で注目されるIT技術に深く関わるシステムとしてエンベデッドシステムがあります。しかしエンベデッドシテムとは何なのか、組み込みシステムとはどういったものなのか、ご存じ無い方も多いのではないでしょうか。ここでは、エンベデッドシステムとはどういうものなのか説明し、3つの特徴をご紹介します。

エンベデッドシステムとは

2_embedded_gears

ではエンベデットシステムは一体何を指すのでしょうか。エンベデッドシステムとは、つまり組み込みシステムを指します。テレビ、冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品や、デジタルカメラ、携帯電話、カーナビ、ロボット、などの電子機器に組み込まれているコンピューターシステムのことです。

パソコンのような汎用的なコンピューターと違って、その機器専用のコンピューターシステムになります。そして入力信号に対して即座に応答するリアルタイム性高い信頼性が要求されます。また、小さな機器が多いのでメモリーやバッテリーは最小限しか搭載されていません。特に昔はメモリーを節約するために、1行でも短いプログラムにすることや、消費電力を最低限にするなど、リソースを節約するために開発者は苦労してきました。ただ最近ではメモリーやバッテリーが小型化低価格化されたのでリソースの節約は少し楽になっています。

知名度が低いエンベデッドシステム

1_embedded_books

ちなみに私の名刺には、エンベデッドシステムの部所が記載してあります。名刺交換の際に「エンベデッドシステムって何ですか?」と。IT系の仕事をしているはずの人に聞かれたこともあります。最近ではごく身近でありながらエンベデッドシステムは、まだまだ知名度が低いものなのです。

情報処理試験のテストの分野にはたくさんの分野があります。そのうち、ネットワークスペシャリストやデータベーススペシャリスト、プロジェクトマネージャはどんな技術者なのか、どんなテストなのかを容易に推測できます。ところが、エンベデッドシステムスペシャリストと聞いて同じように認識できている人は少ないように思います。

次のページ:
エンベデッドシステムの3つの特徴とは

 

この記事を書いた人:あべっかん

abekkan_L

IT企業の組み込みシステムの部門で主にテスト工程を担当するエンジニア。エンジニア向けの記事やコラムの執筆も行っています。また、四人の子どもの父であり、子育て・教育ブログも書いています。http://abekkan.com/

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。