レース・演出・バトル!エンタメ界でも活躍するドローン

今やさまざまなシーンで活用されているドローン。従来であればどちらかというその活用事例は災害救助、防犯・警備、環境調査といったシリアスなシーンが中心でした。しかし、ドローンはその可能性の幅広さから、最近はエンターテインメントシーンでの活用も目立ってきているのです。今回はそんな「楽しさ」「ワクワク」を与えてくれるドローンの活躍例をご紹介します!

まるでゲームの世界!?白熱のドローンレース

20161117_2ec

ドローンの特徴のひとつが「スピード」です。飛行速度の速さから、物流での活用事例も少なくありません。そのスピードに着目したドバイの皇太子が、なんと「ドローンのレース」を主宰してしまったそうです。

皇太子が持つ潤沢な資金から1億円以上のもの費用をかけて屋外に制作されたドローンレースのコースは、さながら近未来。レースには約1億1300万円の賞金が用意され、日本をはじめ各国から操縦の腕に磨きをかけたドローレンレーサーたちが参加しました。残念ながら日本のチームは予選で敗退となってしまったようですが、本戦では白熱のレースが繰り広げられたそうです。

YouTubeでは、ドローン搭載カメラで撮影されたレースの様子が公開されています。実際に見ていただければ、まるでSF映画かゲームの世界でしか見ることができなかった世界を体験できるでしょう。平面を直進しているかと思えば急に飛び上がるなど、ドローンならではのスリリングな映像を味わうことができます。

今回の白熱ぶりを見る限り、ドローンレースの人気はさらに過熱しそうな勢いです。F1レースのように、プロのドローンレーサーなども今後は登場してくるかもしれませんね。

ドローンでの演出は今後に期待

20161117.3

いわゆるショウビズの世界でもドローンの活躍が目立っています。ライブパフォーマンスなどでドローンを使った演出が増えてきているのです。リオオリンピックの閉会式で圧巻のパフォーマンスを披露したダンス集団「ELEVENPLAY」も、ドローンを利用した演出を行っています。

テレビ朝日の音楽番組「ミュージックステーション」ではELEVENPLAYによるパフォーマンス「24 drones」が生放送で披露されました。リオオリンピック閉会式での評判や、ドローンを駆使しているという話題性から多くの注目が集まっていましたが、いくつかのドローンが飛ばない、ドローン同士の接触など、残念ながらパフォーマンスの出来は完全ではなかったようです。

このように絶対に失敗が許されないショウビズでのドローン活用には、まだまだ乗り越えなければならない課題があるようです。ドローンそのものの安定性や、操縦者の技術向上などがその例です。ELEVENPLAYのパフォーマンスは完全ではなかったとはいえ、圧倒されるには十分な完成度でした。ドローン開発技術の向上や、操縦精度のアップでさらに素晴らしいパフォーマンスが見られるのだとしたら、期待せずにはいられません。

次のページ:
ロボットバトルの先駆けとなるか?

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。