2つの開発モデルから見る!開発前に準備すべきこと!

「コーディングする前って何いあ準備いらないの?」コードは書けるけど開発は初めて、といったエンジニアの中には、こうした疑問を持たれている方も少なくないはずです。そこで今回は、アプリ開発におけるコーディング前の準備について考えていきましょう。以下では、代表的な開発モデルとしてのウォーターフォール型とアジャイル型の2種類を並べ、重要になるポイントを探っていきます。

ウォーターフォール型の場合

20161121_1

ウォーターフォール型は、アジャイル型が主流になりつつある今も採用されるケースが少なくない古くからある開発手法です。とは言え、計画を立てやすく、はじめてアプリ開発を行うという方にとっては取っつきやすいかもしれません。コーディングまでの流れと共に見てみましょう。

1. 要件定義
クライアントの要望をとりまとめたものです。どのような目的があり、それを達成するためには何が必要かを調査、分析して実施し、プロジェクトを立ち上げます。

2.外部設計
基本設計とも呼ばれます。代表的なものとしては、アーキテクチャ設計やアプリケーション設計(設計画面・帳票設計やデータベース設計、ビジネスロジック設計など)が挙げられます。

3.内部設計
機能をプログラム単位で分割し共通化、そのうえで、分割されたプログラムが内部でどう処理をするか等を設計します。各プログラムのやり取りに関する相互のインターフェイスなども設計します。

上記のステップが完了した段階で、ようやくコーディングフェーズに移ります。その後、単体・総合・システム・運用にかかわるテストを行うのが一般的です。ウォーターフォール型は上流工程から要求機能を落とし込み、その手順に沿って進められるため計画が立てやすく、進捗管理も容易な点がメリットです。また、ウォーターフォール型は古くからある手法なので、人によっては「慣れているから楽」と考える場合もあるようです。

■開発前の事前準備が重要

ウォーターフォール型であれば要件定義の時、いかに相手の要望や問題を理解できるかが重要になります。そのためには、自社で作成した企画書はもちろん、先方から出された資料やREP(提案依頼書)などにしっかりと目を通さなくてはなりません。そして、そのソフトウェアやアプリが何に使われるかなどの、目的を共有してください。例えば、「クライアントが何をしたいのか?」を絞り込むことです。「どんなアウトプットをして、インプットでは何を得られるのか」を頭に入れながら、開発に当たりましょう。

次のページ:
アジャイル型の特徴、そして2つの開発手法からみえるてくるものとは

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。