書籍代が浮く!勉強するならAMAZON読み放題サービス「KINDLE UNLIMITED」

最近は紙媒体の本の代わりに、Kindleをはじめとする電子書籍リーダーで専門書を読みふけっている人も増えてきました。電子書籍の利便性はライフハッカーを自称するエンジニアであれば、すでに周知のことでしょう。

加えて、日常的に本を読む人であれば、Amazonから提供されている読み放題サービス「Kindle unlimited」は是非とも活用すべきです。このサービスのためだけにKindleユーザーになる価値があるといっても過言ではありません。今回はエンジニアとして使わないのはもったいない、「Kindle unlimited」のサービス内容を詳しくお伝えします。

「KINDLE UNLIMITED」の概要

2016_11_24_16_36.11

参照:https://www.amazon.co.jp/gp/kindle/ku/sign-up

Kindle unlimitedは電子書籍リーダー「kindle」のユーザー、またKindleアプリのユーザーに向けてAmazonから提供されている定額読み放題サービスです。月額は980円になります。アメリカでは先がけて提供されていましたが、日本では2016年8月に待望のスタートとなりました。

“読み放題サービスというとそのラインナップ数に期待できない” という方もいるかもしれません。しかし、Kindle unlimitedの和書はすでに12万冊以上という充実ぶり。アメリカからスタートしていますので、洋書も120万冊以上揃っています。

読み放題対象の作品には商品ページに「Kindle unlimited」のステッカーが貼られています。AmazonのWebページやKindleの端末本体からソートできますので、見つけるのも簡単です。通常のKindle本と同じように、ダウンロードした本はクラウド上で管理されます。同時にストックできるのは10冊までとなり、読み終わった本のストックを解除することで新たな1冊を追加できるようになります。つまり、同時ストック数に限りがあるだけで実際には膨大な数の書籍が月額980円で読み放題になってしまうというわけです。

次のページ:
これまでのKINDLEと何が変わったのか?

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。