Yコンビネーターに学ぶ!成功するスタートアップが辿るブレイクスルーまでの軌跡とは【前編】

Facebook、Twitter、Instagram、Snapchat、Air bnb…
彗星のごとく現れ、気づいた時にはマーケットを席捲している…こういった企業ははいかにして生まれて、いかにして成長していくのか…?

そんな疑問に答えるべく、この記事では、シリコンバレーで年に一回開催されるカンファレンス “StartUpSchool” に参加したKayokoが印象に残ったセッションをピックアップ。女性起業家のセッションを聞いてわかった、スタートアップの始まりから成長していく過程、そして一番辛い時期を乗り越える方法についてまとめ、考察しました。

IT業界で活躍される皆さんに、少しでも参考になればと思います!

(※この記事は、「最強の起業家養成スクールYコンビネーターのイベントでスタートアップの最前線を覗いてきた!」の続編です。StartUpSchoolとは何か?また、本稿で度々現れるYコンビネーターについてご存知ない方はぜひ前編をご覧ください。)

 

スタートアップの価値 = 成長

スタートアップがスタートアップたる所以、それは「成長のスピード」です。

c3ddee20-1468-9b4f-c3cd-5bfd1aef58e2

こちらのグラフはGobbleというシリコンバレーのスタートアップの直近5年間の収入を示したものです。急成長を遂げる直前、ものすごい谷間になってる箇所がありますね。Yコンビネーター(以下YC)の創始者の一人であるポールグレアム氏は、この谷間を The Promised Land と形容しています。成功するスタートアップは必ずこのようなカーブを辿るのだそう。ここをブレイクスルーしたとき、サービスは加速度的に成長していくので、The Promised Land = 約束の地 ということなのでしょう。

u30b9u30afu30eau30fcu30f3u30b7u30e7u30c3u30c8 2016-12-15 17.04.20

多くのスタートアップはThe Promised Landにたどり着くことなく消えていきます。Gobbleがどのようにたどり着き、どのようにこの谷間を乗り越えてV字カーブを描いたのか…気になりますよね?

今回は、このグラフを元にプレゼンテーションをしてくれたGobble創業者・Ooshma Garg氏のストーリーがとっても気に入ったのでクローズアップしてお届けしたいと思います。Ooshma氏の実際のプレゼンテーションは以下からご覧になれます。(英語)

※Gobbleとは
Gobbleは、忙しい人向けの晩御飯キット宅配サービスです。平たく言ってしまえば食材宅配サービスなのですが、ユニークなのは届けられる食材はあらかじめ下準備されており、しかもフライパン1つで10分以内に調理が済むようにレシピが設計されているということ。レシピはちゃんとシェフが考案したもので、ヘルシーだけどちゃんと美味しい。献立を自分で考える、買い物に行く、調理に時間を取られる、という面倒なプロセスを踏むことなく、健康な手料理をお家で楽しめるようになっています。
参考:https://www.gobble.com/

 

次のページ:
投資者を探す?シードラウンドとは?

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。