「Xamarin」の始め方。C#を用いてiOSとAndroidのアプリケーションを開発する

現在リリースされているスマートフォン用の一般向けアプリケーションはiOS、Androidのマルチプラットフォームに対応していることが前提となっています。相互のソースコードに互換性はなく、開発環境、プログラミング言語も全く違うものです。デベロッパーにとっては、このクロスプラットフォーム化自体が、多少骨の折れる作業となっている感は否めません。

そんな開発上の悩みを解決してくれるであろう存在が「Xamarin」です。今回は、これまでとは大きくコンセプトが異なるクロスプラットフォーム開発環境「Xamarin」の概要や始め方についてご紹介していきます。

Xamarinとは?

Xamarin(ザマリン)」とは、MicrosoftからVisual Studioの一部として提供されているiOSアプリケーション、そしてAndroidアプリケーションの開発環境です。Windows版はもちろん、macOS版もリリースされています。

これまでもiOS、Androidのアプリケーションを開発できるクロスプラットフォーム開発環境は存在しましたが、多くがHTML+CSS+JavaScriptを用いたものでした。けれど、JavaScriptの実行速度に対して懸念を抱いている開発者は少なくなく、アプリ開発とは別のナレッジやメソッドが必要になることもあり、開発者にとっては悩みの種だったのです。

Xamarinはそうした従来のクロスプラットフォーム開発環境とは大きく異なるコンセプトとなっています。簡単に言ってしまえばネイティブアプリ開発のスキルが活かせるように、プログラミング言語がC#に置き換わっているのです。クロスプラットフォーム開発のハードルを、大幅に下げてくれた存在といえるでしょう。

Portable Class Libraryによる開発

20170116_1 (2)

Xamarinは、.NET Frameworkの技術を用いているクロスプラットフォーム環境が特徴の一つです。これにより、1つの開発環境でiOSとAndroidの開発が可能ということです。

しかし、厳密には1つの開発環境でiOSとAndroidを補えるわけではりありません。iOSとAndroidでそれぞれ別々の開発環境が存在し、固有部分と共通部分が切り分けれています。その状態で.NET Frameworkの持つポータブルクラスライブラリ(PCL)の機能により、それぞれプラットフォームをまたいでの開発が可能というわけになります。そのため、Xamarin.iOS、Xamarin.Androidとわかりやすく区別されている場合もあります。

Xamarinのインストール手順

20170106_2

参照:https://www.xamarin.com/

Xamarinのインストールは、非常に簡単です。Windowsにおけるインストール手順は、以下のようなものです。

新規 Microsoft PowerPoint プレゼンテーション (3)

 
Xamarinのホームページ(https://www.xamarin.com/)にアクセスし、ページ中央部にある「Download Xamarin」をクリックします。

xamarin2

情報入力フォーム画面に遷移するので、「Full name」「Email」「Company」を入力。「I already have Visual Studio installed(Visual Studioを既にインストールしている)」という選択タブがあるので、状況に応じて「Yes」「No」から選択。「I agree to the Terms of Use and Privacy Statement」のチェックボックスに、規約に同意した上でチェックを入れる。「Download Now」をクリック。

後はダウンロードされる「XamarinInstaller.exe」を実行するだけです。手順は非常に簡単なものの、インストールの完了までは多少時間がかかるので、気長に待ちましょう。また、Mac版も同様の手順で「or download Xamarin Studio for OS X」のリンクからダウンロードできます。

次のページ:
サンプルアプリケーションでお試し

 

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。