[GEEK図鑑]25歳でフリーに転身した女性Androidプログラマ

20160315_2

GEEK図鑑 vol.22

【分類】スマホアプリエンジニア
【進化】モバイルアプリプログラマ → Androidプログラマ
【血液型】B型
【星座】みずがめ座
【好物】肉、ゲーム(最近はモンスターハンター、アイドリッシュセブンなど)
【使用言語】Android Java、Kotlin、PHP、C、C++、C#、GLSL
【興味のある技術】Python、Swift
【今後の目標】iOS、サーバサイドの開発もできるエンジニア

Androidプログラマとしてのキャリアアップを実現させた後に、不安や悩みを乗り越えて、25歳でフリーランスに転身したY.Sさん。実際にフリーランスとして働き始めてから、徐々に会社員との違いが見えてきました。今回は、フリーランスという働き方に関する悩みとその解決方法、客先常駐型の案件選びで気をつけなければいけないポイントなどをご紹介します。

プログラミングに夢中になっていた学生時代

RPGからアクション、音ゲーなど、1人で集中してやり込むタイプのゲームが好きなY.Sさん。プログラマを目指すきっかけとなったのは、高校3年生の夏に参加したゲーム系専門学校の体験入学でした。そこで初めてプログラミングに触れてみて、”プログラミングが面白い”と感じたことから、ゲームプログラミング科を選択。専門学校卒業後はモバイルコンテンツ事業を展開する企業に就職し、フィーチャーフォン向けのアプリ開発やPHPによるWebサイト制作などの仕事を経験してきました。その後、SES事業を展開する企業に転職したことで様々なクライアントの案件を担当し、Androidプログラマとして着実にキャリアアップしてきました。

20160315_1

今ではコーディングに没頭している時間が大好き。原因が分からなかったバグを修正できた瞬間や、シンプルなソースコードを書けたときには、大きな達成感や喜びを感じています。

「専門学校に入学したての頃はブラインドタッチもできない状態からスタートしたので、とにかく授業に必死でついていきました。分からないことがあれば、いつも先生をつかまえて質問攻めにしていたので、他の生徒さんから”先生を独占している生徒がいる”と学校のスタッフさん宛に苦情が出ていたみたいです(笑)。学生時代はプログラミングが楽しくて、周りが見えないほど夢中になっていました。」

将来後悔しないために、フリーランスの道を選択

会社員として働いていたときは客先常駐型の案件も多く、自分が担当する案件を自分で決めることができましたが、契約書の締結や契約金額、契約期間の調整などは全て営業職の仕事。もっと仕事全体の流れや仕組みを理解したいと思い、フリーランスで働くという選択肢を視野に入れるようになりました。

会社員を辞めて独立することは人生の大きなターニングポイント。フリーランスになるまでには、いろいろな悩みや不安がありました。5年後、10年後にフリーランスを辞めたいと思ったときに受け入れてくれる会社はあるのか、病気やケガで働けなくなったときはどうすればいいのかなど。将来後悔しないためにも、たくさんの方に相談に乗ってもらい、25歳でフリーランスになる決断をしました。

「フリーランスになるまでとても悩みましたが、悩めば悩むほど時間がもったいないと思いました。仕事を通じて知り合ったフリーランスの方々がイキイキと楽しそうに働いている姿を見て、自分がフリーランスになったときの具体的なイメージを持つことができました。」

会社員とフリーランスの違い

フリーランスで活動する際に最も重要なことは案件探し。まずは自分のスキルや希望条件に合う案件を見つけなければなりません。Y.Sさんの場合、知り合いエンジニアからの紹介でgeechsに登録し、営業活動をスタートさせました。

20160315_3

次に重要なことは、案件の選び方。案件に記載されている報酬額は税抜きか税込みか、何カ月更新の契約なのか、特に稼働開始日については収入面に大きく影響するため、注意する必要があります。会社員であれば毎月お給料が支給されますが、フリーランスの場合は稼働開始日が後ろ倒しになればその分、報酬金額が控除されるためその月の報酬が減ることになります。客先常駐型の案件では会社員もフリーランスも面談の仕方や勤務形態は変わりませんが、フリーランスになってから案件を選ぶときに気をつけなければいけないポイントが見えるようになりました。

「フリーランスになってから帰社日など会社に拘束される時間がなくなり、プライベートな時間が増えました。もちろん収入も増えましたが、その分、自分でやらなければいけないことも増えたので、今のところはまだ、プラマイゼロかもしれません。」

目指すはiOSやサーバサイドもできるエンジニア

仕事と人に対していつも真摯な姿勢を見せています。どんな職場においても”分からないことは分からない”と言うようにし、一緒に働く人から多くのことを学んできました。ディレクターやデザイナーなど、異なる職種の人とも積極的にコミュニケーションを取るように心がけています。この仕事に就いてからは、ゲーム開発の現場ではプレステ黄金期と呼ばれる時代の開発の裏話を聞けたり、Geofenceといった近未来を想像させるスマホの機能など、技術的な話題が聞きやすい立ち位置にいると感じています。

これまでに担当する案件を変更したいと思ったことはありますが、プログラマの仕事を辞めたいと思ったことも一度もありません。今後はiOSアプリの開発スキルを身につけること、サーバサイドの開発もできるようにPythonを習得することを目標としています。

「純粋にコーディング自体が楽しいと感じているからこそ、これまでこの仕事を続けてきました。これから先も手を動かすポジションで仕事を続けていきたいです。」

20160315_4

最後に、バックの中身を見せていただきました。Androidアプリの開発で愛用しているPCはLenovoのThinkPad。OSはWindowsからLinuxのUbuntuに入れ替えて、Pythonの開発環境を整えています。iOSアプリはMacBookAirで開発。同じスマホアプリでもAndroidとiOSでは動作やUIが似てるようで異なる部分も多いことから、iOSの開発流儀に慣れるためにiPodTouchを購入しました。さらに、アイコンやボタンで使用するイラストは、ペンタブを使って絵を描くこともあります。今後は特定の製品や技術に偏ることなく、色々なデバイスに触れていきたいと考えています。

geechsマガジン記者手記

プログラマとして、「プログラミングを楽しむこと」と「分からないことをとことん追求すること」を大切にしながら成長してきました。AndroidとiOSの両方できるエンジニアとして、これからさらに活躍の場を広げていくことでしょう。Y.Sさん、取材撮影にご協力いただき、本当にありがとうございました!

▼これまでのGEEK図鑑の記事はこちら!
週末はDJ&ハンターとして活動中のゲームエンジニア
ブレないポリシーを大事にするネットワークエンジニア
独立してスキルアップに成功したJavaエンジニア
もっと自由な働き方へ!ソーシャルゲーム開発エンジニア
開発常駐案件とプログラミング講師を掛け持つITエンジニア
特定の環境に依存しないインフラエンジニア
やりがいも収入もアップ!フリーのフロントエンドエンジニア
ハワイ育ちのWebエンジニア
ゲームへのこだわりと情熱は人一倍!フリーランスのゲームディレクター
女性Webデザイナーに聞く!”なんとかなる”フリーランスの働き方
フットワークの軽さを武器に成長を遂げるソーシャルゲーム開発エンジニア
初めてのサービス開発は13歳!現役大学生エンジニア
向上心が半端ない!元ダンサーのスマホアプリエンジニア
見二足のわらじを履きこなすWebエンジニア
趣味を仕事に!夢を実現させたゲームプログラマ
遅咲きのフルスタックエンジニア、IT起業家までの道のり
見えない敵と戦う!フルスタックなWebエンジニア
平日も土日も仕事を楽しむ!サーフィン大好きWebディレクター
ワークライフバランスを満喫するイクメンエンジニア
Apple製品しか認めない!Apple信者のiOSエンジニア
愛妻家&ウサギ好きインフラエンジニア

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。