VRの次はコレがくる!?複合現実を作る「MR(ミックスドリアリティ)」とは

2016年は一般ユーザーのもとにもVRの技術が届いた年でした。「ポケモンGO」をはじめとするAR技術の普及も記憶に新しいところです。そんなVR・ARのさらなる技術開発が期待される中、早くも新たな「リアリティ」が注目を集め始めています。それが「複合現実:MR(ミックスドリアリティ)」です。

今回はこのMRの概要や、MRによって私たちが享受できるであろう体験、MRのアピールポイントをお伝えします。技術的な興味があるエンジニアから、新たなエンターテインメントを待ちかねている方まで必見です。

MR(ミックスドリアリティ)とは

まずはMR(ミックスドリアリティ)という概念の基本についての知識を身に付けましょう。既に、VRとARという2つの「リアリティ」の概念が存在しています。これら2つと、MRはどのように違うのでしょうか。

VRは現実にはない物や空間を創り出し、その中へと入り込む技術です。対して、ARは現実がベースとなっており、その上に本当は存在しないものや空間を映し出します。

その上でMRとは、ARで見える世界を、より拡張する技術といえます。現実をベースとしている点はARと変わらないものの、そこに創り出す空間やものはARの規模を超えたVRにも匹敵するものです。言葉でイメージできない方は、「攻殻機動隊」や「電脳コイル」といったフィクションのサイバー世界を想像すると理解しやすいかもしれません。

空間に指を差し出せば、ウィンドウが起動する、何もない机の上にCGで創り出されたキーボードが表示される、といった世界がMRで現実のものになると期待されています。ここまでくると、本当にSFの世界そのものといえるでしょう。

MRでできる体験とは

上述した通り、MRはARで見える世界をさらに拡張したものです。その世界はもはや「見える」と形容するのは正確ではないかも知れません。現実世界にVRで見えるような仮想現実が融合して「存在」しているのです。

MRを使えば、何もない空間に実寸大の自動車を置くこともできます。もちろん運転して移動することはできませんが、外観や大きさの確認など、MRとしての「存在感」によって得られる情報は多いでしょう。この存在感は、さまざまなフィールドでの活用が期待されています。具体的には製品の設計などが好例です。これまではCADなど平面上の設計が限界でしたが、MRなら実寸での表示でモニタリングしながら設計を行うことができます。

また、一般ユーザーなら家具・家電などの購入にMRが役立つかもしれません。こうした大型の商品は、店舗に行き実際に商品を目で確認してから購入するのが通常でした。MRを使えば、自宅に居ながらにして商品の外観や大きさを知ることができます。

MRの凄さ

既にARやVRといった技術が発展する中、改めてMRが誕生した理由がわからない、と思うかもしれません。そこにAR,VRとは全く違う技術の価値があります。

MRは現実に存在されたオブジェクトに対して、インタラクティブな操作を行うことができます。上述した設計の例であれば、製品の移動・回転です。自宅に置いた家具のオブジェクトを移動させて、実際に配置できるか確かめておくといったこともできます。世界をまるごと仮想するVRでは、現実世界とここまでシームレスになることはできません。また、ARでもオブジェクトをMRほどインタラクティブに動かすことはできないでしょう。

恐竜の骨をつかみ取りさまざまな角度から観察する、車を自由自在に分解して部品の大きさを確認する、といった現実には手間や問題が生ずる行動を実現できるのにも関わらず、あくまでベースして存在しているのは現実世界。VRで味わえる没入感すら超える世界が、MRによって味わえるかも知れません。

MRによってCGは「視聴」するものから「体験」するものへと変化する

フィクションで描かれるヴァーチャルリアリティは、数年前まで現実から大きく剥離したものでした。人間が想像し得る限りの世界を描いているのがその原因です。VR、ARによって、そうしたヴァーチャルリアリティを「視聴」することは、ひとまず現実となったといっていいでしょう。

そして、MRはヴァーチャルリアリティの「体験」を実現する技術といえます。今はまだ、そういった技術の多くはフィクションの世界のものですが、いずれ現実のものとなりVRやARのように一般ユーザーの手に届いてくるのも時間の問題でしょう。もはや、これ以上の技術が想像できないほどMRはさまざまな世界をユーザーへと提供してくれそうです。VR、AR、そしてMRで提供される世界に、エンジニアとしてもユーザーとしても注目しておきましょう。

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。