作業環境の引っ越しもスムーズに!Photoshop&IllustratorのワークスペースのBackup!

春は異動の季節。1年かけて整えた作業環境が思わぬトラブルで初期化された経験はありませんか?効率化するためにカスタマイズしたショートカットキーやワークスペースを元に戻すのは少々手間がかかるはず。この記事では、そんな悲劇が起こっても午前中で復旧できるTipsをご紹介します。

Photoshopの環境設定のバックアップは「プリセットを書き出す」

Photoshopは各機能にプリセットというものがあり、プリセットマネージャーで管理しています。カスタマイズした設定はプリセットに保存されています。

管理できる機能は様々ですが、使用頻度の高い「キーボードショートカット」・「メニュー」・「ツールバー」の設定を保存し、バックアップを取ってみましょう。

【保存できる設定】
・ショートカットキー
・メニュー
・ツールバー

1. 好みの状態にカスタマイズする

ツールやパネルなどのウィンドウを好みの位置に配置したり、キーボードショートカットの編集が終わったら、左上の四角いアイコンから〔新規ワークスペース〕を選択します。

 

 

キャプチャのチェックボックスにすべてチェックマークをいれたあと、自分がわかりやすい名前をつけ保存しましょう。

2. 保存したワークスペースを書き出す

〔編集〕→〔プリセット〕→〔プリセットを書き出し・読み込み〕を選択します。

ウィンドウが開かれるので、タブメニューを〔プリセットを書き出し〕に切り替えると、先程保存したワークスペースのプリセットが表示されます。バックアップを取りたいワークスペースだけ選択し、〔>〕のボタンで追加、〔プリセットを書き出し〕します。

書き出し先フォルダーを選択するさいは、自分が管理しやすいフォルダでOKです。

*おまけ
ちなみに保存したワークスペース自体もショートカットキーに割り当てることができます。

次のページ:
Illustratorのバックアップの注意点

 

この記事を書いた人

nomal

大手印刷会社で求人広告(エディトリアルデザインやコピーライティング)を担当し、2年半働いたあとWebデザイナーに転身。 猫とお寿司には目がありません。イラストを描いてリフレッシュしながら楽しく過ごしてます。

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。