Windows10 OS搭載の開発マイコンボード「LattePanda」のワークショップを開催しました!html5j ロボット部レポート

「ロボットとWeb」で何ができるかをみんなで学び、考えていく「html5j ロボット部」の勉強会が21cafeで開催されました。第10回目となる今回は、Window10が動く「LattePanda」のワークショップです。「LattePanda」 の開発・販売元であるDF ROBOT社・CAVEDU社のメンバーも講師として参加した当日の様子をお伝えします。

「LattePanda」とは?わかりやすく解説!

LattePandaはWindows10 OSを搭載した開発マイコンボードです。普通のPCと同じように使うことができます。LattePandaは手のひらサイズで、Intelベースのx86/x64 シングルボードコンピュータ(SBC)です。

LattePandaには下記の魅力があります。
・Windowsという慣れたOS環境で開発できる
・手のひらサイズでコンパクト
・Arduinoがボードに直接組み込まれている
 (Aruduinoを別途購入して接続する必要がない)
・シンプルな作りなため、設計や開発が楽になる

コンパクトなサイズにまとまっていることから、WindowsのデスクトップアプリやloTアプリの開発だけでなく、ハードウェアDIYやインタラクティブデザイン、ロボット開発などにも適してると徐豐智氏は解説していました。

「LattePanda」を使ったワークショップスタート!

解説が終わると、早速作業スタート。本日のゴールは「お天気APIを利用し、一定以上の気温であった場合にArduino(アルドゥイーノ)につながっているLEDを点滅させる」ことです。

講師の方が工程ごとに説明してくれるので、ゆっくり解釈する時間があり理解が深まります。

LattePandaは見た目も可愛くできます。

わからない事もすぐに講師の方が教えてくれるので、初心者も安心して参加出来ます。

Pythonでお天気APIから取得した情報を元にArduinoにシリアルを送るというプログラムをつくることで、LattePandaにつながっているLEDを赤く点滅することができました!無事課題を達成すると、参加者はみなさん嬉しそうな表情でした。

「LattePanda」を使って実現していきたいこと

最後に今回のイベントの主催者であるeegozilla氏から、「LattePanda」のメリットと今後活用したい方法について紹介がありました。

参加者の中にはご自身で作成した作品を持参している方もいて、情報交換が活発に行われていました。ロボットとwebに関して語り合いたい方に必見のコミュニティです!

コミュニティ「html5j ロボット部」とは

「ロボットとWeb」で何ができるかをみんなで学び、考えていくhtml5jの部活動です。 勉強会/ハッカソン/ワークショップなどを行い上記についてみんなで考えていきます。必ずしも「社会に立つこと」はやりません。結果的に役に立てばいいのです。ムダ、無駄、むだを楽しみましょう。ぜひご参加ください!(登壇できるかたもぜひご協力お願いします)

▼公式アカウント

ハッシュタグ:#html5j_rt
connpassグループ:https://html5j-robot.connpass.com/
Facebookグループ:HTML5j ロボット部

関連する記事

facebook

案件情報や最新記事をお届けします。
ぜひチェックしてみてください。

geechs

ChatBot

《1分で登録できる!》
Facebook Messengerを使って
最新記事を受け取れます。

利用する